9月23日(水)
水氣道
 

 

およそ二カ月の中断を余儀なくされていた水氣道も、新規の稽古場所が加わり、参加者の人心も改まり、「気・血の技」を中心に更なる技の発展を遂げています。


 

私は武道の中でも合気道に最大の敬意を払っています。

 

合気道二代目の植芝吉祥丸氏が執筆し、父である開祖の植芝盛平翁が自ら監修した
「合気道」の復刻版が手元にとどきました。

 

合気道は合気柔術から発展し、究極の日本の武道としての打ち立てられたもののようです。それは本部道場ができるまでの仮住まい(昭和四年頃か)をしていた目白に、講道館の嘉納治五郎師範が来訪した描写からもうかがい知ることができます。嘉納氏は道主の演ずる合気道を一見して、「これこそ自分が理想としていた武道、即ち柔道だ」と言われたというくだりです。

 

さて、合気道の本部道場の一隅に掲示されていたとされる「合気道練習上の心得」を現代仮名遣いに直し、わかりやすく書き直して紹介いたします。

 

一、 合気道は一撃よく死命を制するものなので、練習に際しては指導者の教示を守り徒(いたずら)に力を競ってはいけない

 

二、 合気道は一をもって万に当たる道なので、常に前方のみならず四方八方に対する心掛けで練磨する必要がある

 

三、 練習は常に愉快に実施する必要がある

 

四、 指導者の教導はわずかにその一端を教えるのに過ぎず、これの活用の妙は自己の不断の練習により始めて体得できるものである

 

五、 日々の練習に際しては、まず体の変化から始め、逐次強度を高め、身体に無理が生じないようにする必要がある。そのようにするならば、いかなる老人であっても身体に故障を生じることなく、愉快に練習を続け鍛錬の目的を達することができる

 

六、 合気道は心身を鍛錬し、至誠の人を作ることを目的とし、また技はことごとく秘伝とすることによって、徒(いたずら)に他人に公開し、あるいは市井の無頼の者が悪用することを避けるようにすべきでる

 

 

そこで、水氣道をこの合気道の心得と比較して解説することを試みます。

 

一、 合気道は「合気道は一撃よく死命を制するもの」であるのに対して、水氣道は、そもそも他者と接触しないので、命に関わることではありません。また水氣道は競技でもないため、相手と力や技を競う必要はありません。それでも、不慮の事故はどこでも起こりえます。そのため水氣道でも「練習に際しては指導者の教示を守」ることは大切です。

 

二、 合気道は「一をもって万に当たる道」であるのに対して、水氣道は「一をもって水氣と一体の生命を得る道」です。水氣に心身のすべてを委ねる者同士が、誠意をもって学び合い、導き合うことを心がけて稽古する必要があります。それによって「一を知って十を悟る」ことができるようになります。

 

三、 合気道は「練習は常に愉快に実施する必要がある」、水氣道もこれと同じです。

 

四、 合気道では、「指導者の教導はわずかにその一端を教えるのに過ぎず、これの活用の妙は自己の不断の練習により始めて体得できるものである」、水氣道もこれと同
じです。水氣道では、このことを特に「水に委ねて、水に学べ」と言っています。

 

五、 合気道の日々の練習は「まず体の変化から始め、逐次強度を高め、身体に無理が生じないように」します。水氣道もこれと同じです。その結果期待できることは、合気道では「いかなる老人であっても身体に故障を生じることなく、愉快に練習を続け鍛錬の目的を達することができる」とします。水氣道でも同様の目的を持っていて、水氣道を生涯エクササイズと位置付けています。

 

六、 合気道は「合気道は心身を鍛錬し、至誠の人を作ること」を目的とますが、水氣道もこれと同じです。また、合気道では「技はことごとく秘伝」としますが、これに対して「通常の技はことごとく公開」します。水氣道では悪用されることはないためです。ただし、水氣道でも稽古熱心で、かつ、階級資格と能力とに応じた役割を果たしている稽古者には、より多くの技の伝達が可能となります。

 

 

「道場を開けば、道場主はどうしても経営その他の事務や雑事に追われて武道に専念することができなくなり、その実力はぐんと低下するものである」というのが、道主日頃の持論であったそうです。私自身も、新型コロナ禍にあって、そのことを強く感じていました。ですから、連休等を活かして、郷里の水戸で、一人自主稽古に励むよう心がけています。
 

それは、水氣道が広く社会に知られて受け入れられるようになるまでは、私自身が、自分の実力を落とさず、さらに磨きをかけ続けていかなければならないと考えるからなのです。

 

各会場の参加人数制限が緩和されました。

 

8月から日曜日の稽古が新たに加わりました。

 

SUBARU総合スポーツセンターは駐車場が利用できます。

 

 

 

  • 月曜日(第4月曜は休館につき休み)

 

三鷹支部:SUBARU総合スポーツセンター

 

午後1時~3

1部:午後1時~2時(定員8名)主としてシニア会員(修錬生以上)向け

 

2部:午後2時~3時(定員8名)主としてジュニア会員(訓練生・体験生)向け

 

 

 

  • 火曜日

 

中野支部:鷺ノ宮温水プール

 

午後8時~9時(定員8名)

9月から定員が増えました(5名⇒8名)

 

 

 

  • 金曜日

 

中野支部:鷺ノ宮温水プール

 

午前10時~11時(定員8名)

9月から定員が増えました(5名⇒8名)

 

 

 

  • 土曜日

 

新宿支部:ハイジア(ウェルネスエイジ)

 

午後3時~4時(定員20人)

全面(4レーン)使用、各レーン定員(概ね5名)

 

 

 

  • 日曜日(第2・4日曜日に開催)

 

水氣道本部主宰:SUBARU総合スポーツセンター

 

午後3時~5

第1部:午後3時~4時(定員8名)主としてシニア会員(修錬生以上)向け

 

2部:午後4時~5時(定員8名)主としてジュニア会員(訓練生・体験生)向け

水氣道稽古の会場(フィールド)と時間帯(タイムゾーン)の拡大

 

日本水氣道協会は、2000年12月の降誕祭の日に発足して以来、休職者を中心に、のべ2,000人以上の参加者を記録しました。しかしながら、主に稽古会場の不足と、稽古時間帯の制限のため、せっかく社会復帰できた参加者の稽古継続が困難であったというジレンマが立ちはだかり、組織規模の安定的な成長が妨げられてきました。

その間、水氣道発祥の地元である杉並区の施設での団体使用料が倍増するなどの悪影響が重なり苦難の道を辿ってきました。

 

しかし、その後、土曜日の稽古活動(新宿ハイジア)が可能となり、平日夜間の稽古(中野鷺宮)に加えて、さらに今後は、日曜・祝日の稽古(三鷹・スバル)も開始可能となり、水氣道の継続的参加が遥かに容易になってきたことは、今後の水氣道の発展・普及のためには大きな希望が与えられたことになります。

 

 

第1期(2000年以前から):平日日中のみ
杉十温水プールで発足
1) 水曜日午前(杉十・藤村:休止中)
2) 月曜日午後の追加(杉十⇒三鷹スバル)
3) 火曜日午後(上井草・高井戸:休止中)
4) 金曜日午前(大宮前⇒鷺宮:夏季休止中)

 

<平日日中稽古の今後の見通し>
    

杉並区内の施設の利用条件が妥当でないため、
当面は、鷺宮と三鷹を軸に展開していくことになります。
杉並区に対しては不当て不公正な団体使用料金について、
折々に改善を求めていきたいと考えています。

 

活動主体:

水氣道本部および三鷹支部(支部長候補者を養成していきます)

中野支部(支部長:林亮博)
 

 

第2期:夏季の稽古開始
1) 藤村温水プール(休止中)
2) ハイジア温水プール
3) 三鷹スバル温水プール

 

<夏季稽古の今後の見通し>
    

上記の三拠点が利用可能です。
今後も安定的に利用できるのは、ハイジアと三鷹です。
   

活動主体:

水氣道本部および新宿支部・三鷹支部
         

杉並支部(支部長:中川良子)

 

 

第3期:土曜日の稽古開始
1) ハイジア温水プール
2) 新宿コズミック温水プール(休止中)

 

<土曜日稽古の今後の見通し>
ハイジアでの稽古を軸として継続していく予定です。
    

活動主体:水氣道本部および新宿支部

 

 

第4期(2019年9月から):夜間の稽古開始
1) 杉十温水プール(休止中)
2) 鷺宮温水プール(夏季休止中、9月から再開)

 

<夜間稽古の今後の見通し>
鷺宮での火曜日夜の稽古を軸に継続していく予定です。
    

活動主体:水氣道本部および中野支部(支部長・林亮博)

 

 

第5期(2020年8月から):日曜・祝日の稽古開始
    

三鷹スバル温水プール

<日曜・祝日稽古の新企画>
    

当面は、リーダーの育成と新規会員の拡大を目指します。
    

日曜日は、月の週数(第1日曜日から第4日曜日まで)ごとの稽古責任者を育成し、次いで祝日の稽古責任者も新たに選任していくことを計画しています。

 

202008-1

 

「三鷹スバル」

スバル総合スポーツセンター、アクセス

 

JR三鷹駅 南口より

⑦、⑧番乗り場、

「三鷹市役所前」下車

 

路線バス

 三鷹駅、吉祥寺駅、調布駅、武蔵境駅、仙川駅からお越しの方

 

 バス停「三鷹市役所前」または、「三鷹農協前」下車徒歩5分

 

 

みたかシティバス

 北野ルート(三鷹駅南口~北野)、

三鷹台・飛行場ルート(三鷹台駅~調布飛行場)、

 新川・中原ルート(三鷹中央防災公園・元気創造プラザ~つつじヶ丘駅北口)

バス停「三鷹中央防災公園・元気創造プラザ(市役所東)」下車すぐ。

 

 

 

月曜日 

8月3日からオープン!

1:00~2:00pm 

本部主催(スバル会場)定員5名限定
監督指導者:飯嶋正広<幹部候補生修錬担当>

2:00~3:00pm 

杉並支部主宰(スバル会場)定員5名限定

 

 

火曜日 2:00~3:00pm 

中野支部主宰(新宿ハイジア会場)
 支援員:林亮博<訓練生担当>

 

土曜日 3:00~4:00pm 

杉並支部主宰(新宿ハイジア会場)定員20名程度

監督指導者:飯嶋正広<幹部候補生修錬担当>

 支援員:中川良子、林亮博<訓練生担当>

 


日曜日 8月16日からオープン月1~2回程度

3:00~4:00pm 

本部主宰(スバル会場)定員5名限定
監督指導者:飯嶋正広<幹部候補生修錬担当>
訓練生:野口将成<管理・記録担当>

 

4:00~5:00pm 

本部主宰(スバル会場)定員5名限定
監督指導者:飯嶋正広<幹部候補生修錬担当>

 

令和2年7月14日(火)14:00~15:00
鷺ノ宮体育館温水プール(第5レーン使用)


参加者:管理監督者1名、支援員1名、修錬生1名、訓練生1名、特別体験生1名

 

進行指揮監督:水氣道正七段 飯嶋正広

 

指導トレーナー:水氣道正弐段下 林亮博

 

修錬生インストラクター:水氣道2級 細谷健太

 

報告担当ファシリテーター:水氣道5級(中等訓練生)植田栄喜

受付:主当番:支援員トレーナー:林亮博

 

 

稽古内容

1) 親水航法

2) 調血航法

3) 水拳航法

4) 活水航法

 

 

【まとめ】

稽古プログラムの流れは、水氣道の原則にしたがって実施

 

準備体操(イキイキ体操)は行わなかった

 

調血航法は9枚目まで

 

水拳航法は5枚目まで

 

活水航法は4枚目まで

 

整理体操(のびのび体操)は行わなかった

 

 

・水温は低かったが、普段より親水航法を長くしたので身体がほぐれて暖かくなった

 

・今日の稽古はスモールステップアップが大事だということをより意識出来た

以下の方が、新たに体験生としての参加登録*をされましたので、

御報告いたします。

 

*本年7月1日以降の参加者の皆様には、参加登録料として5,000(+消費税)

をお受けいたしております。

 

参加登録日

氏名(フリガナ)

ご紹介

 

  • 2020年7月6日

北岸 亨(キタギシ トオル)

北岸さんは水氣道未体験者の方です

  • 2020年7月15日

浅井 鉄平(アサイ テッペイ)

浅井さんは10年ほど前に、杉十プールで1回のみですが水氣道稽古の経験者です

 

お二人とも、水氣道体験生(級外)として、近日中に稽古を開始される予定です。

正会員(3級以上かつ年会費制の方)、准会員(6級以上かつ月謝制の方)、一般会員(単回払い制の方)の皆様どうぞよろしくお願いいたします。

令和2年7月3日(金)10:00~11:00

 

鷺宮スポーツプラザ温水プール(第7レーン使用)

 

受付:林亮博 (正弐段下)

 

参加者:
監督指導者1名、支援員1名、修練生2名、訓練生1名

 

 

内容:

1、親水航法四往復
 

2、基本五航法(起、承):一列縦列行進方式
   修練生1名先頭に訓練生1名を後尾に配置し、中央に監督指導者、両脇を修練生、支援員で固めた。
 

3、水拳航法(少しずつ負荷をかけて行う)

  

 

所感:

「一般で利用されている方も大分増えている印象でした。」(K.H)
     

「今日の水は、いつもより滑らかさがなかった。昨日の方が良かった。」(A.H)

 

 

報告担当修練生

細谷健太

 

報告総括責任者
中野支部長
林 亮博

令和2年6月30日(火)20:00~21:00


鷺ノ宮体育館温水プール(第5レーン使用)

 

参加者:支援員1名、修錬生2名、訓練生1名、特別体験生1名(早退者1名)

 

指導トレーナー:水氣道正弐段下 林亮博

 

修錬生インストラクター:水氣道2級 細谷健太、同、坂本光昭

 

報告担当ファシリテーター:水氣道5級(中等訓練生)植田栄喜

 

受付:主当番:支援員トレーナー:林亮博

 

 

稽古内容

1) 親水航法

 

2) 準備体操(イキイキ体操)
広がって、各8カウントの短縮版

 

3) 基本五航法(起のみ):一列縦列行進方式
修練生2名を頭尾位に配置し、指導トレーナーがサポート

 

4) 各種航法:名宣り稽古方式
理気航法、調血航法、活水航法、経絡航法

 

 

【まとめ】

稽古プログラムの流れは、水氣道の原則にしたがって実施

 

各種航法では、特別体験生の名宣り「初伝」、訓練生の名宣り「脇伝」の稽古を実施

 

経絡航法は1枚目のみ実施

 

活水航法は11枚目まで実施

 

整理体操(のびのび体操)は行わなかった

 

・今回は両サイドのレーンが個人使用で普段より波が多くバランスを取るのが大変だった

 

・活水航法を11枚目までやれたが、久しぶりにやった動きでは身体が以前より固くなっていたのを感じた

7月3日(金)10:00~11:00am

鷺宮会場(中野支部)

1レーン使用:参加者定員5名

 

 

7月4日(土)3:00~4:00pm

ハイジア会場(新宿支部)

全面(4レーン)使用:参加者定員24名

 

 

7月7日(火)2:00~3:00pm 

鷺宮会場(中野支部)

1レーン使用:参加者定員5名

 

7月10日(金)10:00~11:00am

鷺宮会場(中野支部)

1レーン使用:参加者定員5名

 

7月11日(土)3:00~4:00pm

ハイジア会場(新宿支部)

全面(4レーン)使用:参加者定員24名

 

7月14日(火)2:00~3:00pm 

鷺宮会場(中野支部)

1レーン使用:参加者定員5名

 

7月17日(金)10:00~11:00am

鷺宮会場(中野支部)

1レーン使用:参加者定員5名

 

7月18日(土)3:00~4:00pm

ハイジア会場(新宿支部)

全面(4レーン)使用:参加者定員24名

 

 

7月25日(土)3:00~4:00pm

ハイジア会場(新宿支部)

全面(4レーン)使用:参加者定員24名

 

7月28日(火)2:00~3:00pm 

ハイジア会場

1レーン使用:参加者定員10名

 

7月30日(木)10:00~11:00am 

ハイジア会場

1レーン使用:参加者定員10名

 

7月1日(水)

前回はこちら



水氣道は「明るい農村」で良いのか?

 

皆さんは、『明るい農村』という番組を御存じでしょうか。
毎朝6時台、牧歌的なテーマ曲で始まるNHKの総合テレビ番組で、1963(昭和38)年から1985(昭和60)年の終了まで、22年間、計8030回放送されました。かつてNHKに「農業」の分野を専門とする制作集団が存在していたことを意味します。

製作者たちは当時を振り返って「『明るい農村』が始まったころ、日本中には目いっぱい働こうという意欲がみなぎっていた。

農業は非常に厳しい仕事だが、人々の笑顔は輝いていた」と熱く語ったそうです。私はこの番組の記憶は、懐かしさ以外はほとんど残っていません。

ところで、私が中学生になったころ、『農村』に対するイメージは決して明るいものではありませんでした。そのような『農村』に「明るい」という形容詞が付いていることに違和感を覚えたことを明確に記憶しています。
 

『明るい農村』が始まったころは、たしかに日本中には目いっぱい働こうという意欲がみなぎっていたのだそうです。それは、明るい日と書く明日への希望に満ちていた時代だったことでしょう。

しかし、それがいつになっても実現しないとすれば、あるいは目標や希望を失っていったとすればどうでしょうか。『明るい農村』というタイトル自体には罪はないものの、それは単なる皮肉なキャッチ・フレーズと化してしまうことになるでしょう。

それは、あたかも北朝鮮の国営放送のようなものです。

また、かつての民主党政権が掲げた、根拠と責任を伴わない、地に足がついていないマニフェストのようなものです。なぜ、この番組が終了したのかは把握しておりませんが、何となくわかるような気がします。
 

しかし、こうも言えます。令和の時代になって、農村は昔より遥かに豊かになったかもしれない、ということです。

さだまさし氏の「聖野菜祭(セント・ヴェジタブル・デイ)」の歌詞に出てくる「野菜もち」の豊かな希望と想像力、吉幾三氏の『俺ら東京さ行ぐだ』の「東京でべこ買うだ」の滑稽な逆説の歌詞が、令和の時代の到来を予言していたかのようで、いまさらながら懐かしく思い出します。

 

逆説的と言えば、新型コロナが襲ってきてもびくともしない岩手の農村があります。先週、久しぶりで帰郷した茨城の農村もへこたれていませんでした。思えば東日本大震災の際にも、福島に隣接する茨城県の被害も甚大でしたが、敢えて窮状を全国に訴えようともせず、あるいは、訴える術も知らず、すべての現実を受け入れて粛々と、しかも逞しく誠実に復興を遂げた姿は、誇らしく思います。農村は東京や仙台など全国の大小の都会を支え続けています。
 

さて「水氣道は世界を救う」というフレーズは、ひたすら大げさな一過性のキャッチ・フレーズなのかどうか。

「明るい農村」が22年間続いたのに対して、「水氣道」は命名以来20年、事実上の発足はその数年前です。

水氣道は、世界を救うどころか、自らの団体の運営を維持することだけでも容易でないのが現実です。

しかし、それでも「水氣道」は続いています。メンバーの数ではなく質こそが、財源ではなくインテリジェンスこそが、今後の「水氣道」の発展の鍵を握っていることを確信しています。
 

そこで来週は、水氣道のインテリジェンスについてお話したいと思います。