水氣道の稽古は弥撒(みさ)形式で発展し、進行している。

 

 

水氣道は、どうやら弥撒(みさ)形式で発展し、進行しているようです。

 

そのことに気づいたのは、親水航法を始めた頃でした。

 

 

つまり、私が水氣道を弥撒(みさ)形式に整えたのではなく、水氣道参加者全体が、知らず知らずのうちに、弥撒(みさ)形式に導かれ始めた、

 

あるいは、水氣道創始のインスピレーションは、弥撒(みさ)形式に導かれてきたといってもよいのかもしれません。

 

 

水氣道の恐ろしさの源泉は、ここに由来するのかもしれません。

 

 

また水氣道の稽古の前に、私に指示されることもなく、自律訓練法(註)を試みている会員は、私からではなく、導き手によって、すでに選ばれて、直接導かれている姿を示しています。

 

水氣道が水中自律訓練法と呼ぶべきものであろうことは、水氣道という名称が定まる以前から、私が体感していたことでした。

 

(註)

自律訓練法の原点は、ドイツの大脳生理学者オスカー・フォクトの臨床的催眠研究です。フォクトの研究に刺激されたシュルツは、練習によって自分自身で心身の弛緩を体系的に進めるとその結果催眠と似た状態が自然発生的に作り出せると考えました。

 

この方法の実験的、および臨床的研究結果をまとめ、臨床的にも有用なことを明らかにしました。

 

1932年シュルツは著書『自律訓練法(Das Autogene Training)』を公にしました。

 

日本で自律訓練法が初めて紹介されたのは1950年代に入ってからのことで、現在では、心身医学療法の最も基本となる3本柱の第一に位置付けられています。

 

我が国では厚生労働省によって認められた限られた数の『広告可能な専門医』の中でも、とりわけ数の少ない心療内科専門医として、さらに、その指導医としての私の使命の一つが、この自律訓練法の普及と発展にあることは、自覚をあらたにしなければならないと考えています。

 

なお、自律訓練法の提唱者シュルツ医師の父は牧師であったことを知ったことが契機となり、自律訓練法の公式と「主の祈り」の関連性に着目するようになり、2011年に、飯嶋はカトリック月刊誌『福音宣教』4月号に発表しました。

 

ご希望の方には複写した見開き二頁の印刷物を差し上げます。

 

 

 

さて、日々の水氣道(本稽古)の流れは、以下の通りです。

 

稽古会場へ入る際の一礼、退出する際の一礼は、励行したいものです。

 

水中訓練は、親水航法からはじまり、イキイキ体操、基本五航法応用航法(発展航法)のびのび体操の五段階です。

 

 

これらは、また東洋哲学の「五行説」(木・火・土・金・水)にも対応していることにも気づかされます。

 

水氣道の動作は、「陰陽説」に対応して、陰と陽、虚と実が、相互に交替しながら進行していることと合わせて、「陰陽五行説」に親和性が高いことにも気が付かされました。

 

つまり、水氣道の稽古の仕組みは、方略的には五行説、方術的には陰陽説に則っていると考えると、理解の助けになるのではないか、と思います。

 

これらのことは、空論で終わらせるべきではないので、皆様の稽古が十分進んだ段階で、いずれかの機会に恵まれれば、実践を通して紹介させていただきたいと思います。

 

 

親水航法(キリエ)木

求憐誦(憐みの賛歌)(神に憐みを求める祈り)

私が心密かに唱えている言葉《主よ、憐み給え…》

自律訓練法(標準訓練)の背景公式から第六公式「額涼感公式」までを実践しています。

 

 

イキイキ体操(グロリア)火

栄光頌(栄光の賛歌)

私が心密かに唱えている言葉《天には神に栄光、地には善意の人に平和あれ…》

 

 

基本五航法(クレド)土

信経(信仰宣言)

私は自律訓練法(標準訓練)の第一から第五公式を五航法の流に沿って実践しています。

・第一航法(素歩き)自律訓練法(標準訓練)第一公式「重感公式」

 私が心密かに唱えている言葉《私たちの日毎の糧を…》

 

・第二航法(棒歩き)自律訓練法(標準訓練)第二公式「温感公式」

 私が心密かに唱えている言葉《今日もお与えください。》

 

・第三航法(前蹴り歩き)自律訓練法(標準訓練)第三公式「心拍公式」

 私が心密かに唱えている言葉《私たちの罪をお赦しください。》

 

・第四航法(つま先浮かし歩き)自律訓練法(標準訓練)第四公式「呼吸公式」

 私が心密かに唱えている言葉《私たちも人を赦します。》

 

・第五航法(前後蹴り歩き)自律訓練法(標準訓練)第五公式「丹田公式」

 私が心密かに唱えている言葉《私たちを誘惑に陥らせないでください。》

 

 

応用航法(サンクトス

三聖頌(感謝の賛歌)

私が心密かに唱えている言葉《聖なるかな、…》

なお、発展航法(ベネディクトス)が加わることがあります。

私が心で唱えている言葉《誉むべきかな、…》

 

 

のびのび体操(アニュス・デイ)水

神羔頌(平和の賛歌)

私が心密かに唱えている言葉《神の子羊、世の罪を除きたもう主よ…》

 

 

最後に、「私が心密かに唱えている言葉」と書きましたが、実は内緒で歌っています。

 

そんなところから、<聖楽療法>が生まれ、現在、聖楽院という組織が出来上がりました。

 

杉並令和音楽祭(11月14日)は、水氣道と聖楽院と杉並国際クリニックが三位一体となった祭典として花開きます。皆様のご協力、ご関心、ご興味に感謝いたします。

 

 

水氣道 創始者 飯嶋正広

 

水氣道(Suikido:Mindfulness Group Aquabics)とは、水環境下で独自の定式の形(かた)に基づき団体で行う全人的エクササイズです。

 

生涯を通しての継続的・計画的な心身の鍛錬と精神の修養とを通して自他に有為な器となることを目的としています。

 

 

さて、健康問題といえば、大正時代に始まる健康保険制度は、敗戦後の昭和にも受け継がれたまま、高齢社会の進行とともに矛盾が露呈しました。

 

平成時代に介護保険制度を導入するも、抜本的な対策ではないため、矛盾はさらに大きくなり留まることを知りません。

水氣道は、そうした社会の健康上の問題点を、恐ろしいまでに如実に示し続けています。

 

 

私が医師になった昭和という時代を生きていた多くの人々の健康観を今日の視点から振り返ってみると、健康とは五体満足で差し迫った体調不良がなく、何とか働けているということのようでした。

 

つまり、働くに困らなければ健康であると考えている人々が多かったように思われます。

 

そして、体調不良で働けなければ病院に行くが、働ければ健康を取り戻したと自己判断して受診を中断する方も少なくなかったのではないかと思われます。

 

極論すれば、昭和の医療は<定年まで働ければ事足れり>の医療水準でした。

すると、当然のことながら、そのツケは定年後に回ってくることになり、高齢者医療費の増大は、当然の帰結でした。

 

 

 

多くの国民にこうした健康観を与え続けてきたのが、実は、健康保険制度ではないかと思います。

 

日本において最初の公的医療保険は、1922年(大正11年)に施行された健康保険法です。

 

「健康保険制度」に基づく医療は、会社(事業主)と従業員(被保険者)が保険料を出し合い、被保険者やその家族(被扶養者)が病気やケガをしたときに、一定の負担で医療を受けられる仕組みです。

 

つまり、この制度に基づいて発行される「健康保険証」は、病気やケガをしたときのみに経済的効力を発揮するという性質をもっています。

 

そのため、<病気やケガをしたという認識がない限り、健康である>という決定的な誤解を国民に与え続けることになりました。

 

その結果、健康の維持・増進や病気の予防のための対策が後手に回り、当然の帰結として老人医療費と家族の介護負担の増大をもたらしました。

 

 

私が開業医となり高円寺南診療所を開設し、水氣道を創始した2000年は、ちょうど介護保険が施行された年でした。これは、従来の健康観が決定的な誤りであったことを示すものです。

 

しかし、政府は当面の医療費対策に追われ、また多くの国民も根本的な解決をはかる工夫や努力を怠ったため、なく健康保険制度のみならず、介護保険制度の矛盾にも悩まされることとなって平成の30年間は幕を閉じました。

 

この間、民間では主に営利を目的とする多くのエクササイズジムが流行しだしました。

 

これに対し、水氣道の健康観は、自分自身という個人の身体的な健康の維持・増進のみを求めようとする人々を対象とする多くのエクササイズやジムの路線とは明らかな一線を画しているので、とても恐ろしいです。

 

 

昭和や平成時代の医療の矛盾である老人医療費や介護の問題の根本的な解決策は、健康の維持増進、介護予防、認知症対策、健康コミュニティや自助グループの育成や支援にこそありました。

 

しかし、国も自治体も国民の多くもこれに気づかないまま、平成の30年間でのチャンスは失われて空白の、あるいは後退の時代となってしまいました。

 

 

水氣道は、恐ろしいまでに、この現実を糾弾し、抜本的な解決への道を示し続けています。

 

何よりもまず水氣道は、その他に、心理的・社会的にも望ましい状態、つまり心身医学な健康を目指すものだからです。

 

水氣道が与えてくれるのは、それだけに留まりません。水氣道は霊的に望ましい状態に導いてくれる、つまり全人的な健康へと導きます。

 

この考え方は、世界保健機関(WHO)の健康の定義に何ら矛盾するものではなく、むしろその先を指し示すものであることも恐ろしいことです。

 

そこで、令和の医療は、<人生100年時代を見据えることができる>医療水準を目指さざるを得ません。

 

その目的は、健康保険制度、介護保険制度、従来型の民間のエクササイズジムでは到底達成することはできません。

 

 

水氣道は、その目的を達成することができる恐ろしい仕組みを持っています。

 

水氣道は求める人を拒みません。

 

しかし、未だ草創期の水氣道は、勤勉で誠実な人柄で、かつ一定程度の正義感と公共心とともに洞察力をもつ人材のみを引き付けてきたことが徐々に明らかになってきました。

 

つまり、神様に特別に愛されるような人々のみが全人的な健康を回復しつつあるのです。

 

創始者である私自身が、日々その恐ろしさを実感しながら、有難く精進を続けさせていただいている次第です。だから、水氣道は本当に恐ろしいのです。

 

水氣道創始者所感

前回<不注意>タイプに当てはまっていることに気づきました。
さらにもう一つ<忘れてしまう>というパターンもあります。
それぞれを検証していきます。
両方に共通している背景は習慣化され無意識となった「手抜き」の思考と行動です。


<不注意>
私は自分自身のことを「不注意なタイプ」と認めたくありませんでした。
自分は大丈夫だという根拠の無い過信がありました。そう考えると手抜きができるからで一見便利だからです。

 

そのため不注意でミスをしても「たまたま」と深く反省せず、次にどのようにしてミスを防ぐかも、あまり考えずに済みます。
つまり記憶だけでなく思考も手抜きをしていました。


ミスを度重ね、皆から散々指摘されてようやく、「不注意なタイプ」であると自覚しました。

 

そこで「見直しも含めて、はじめて業務完了」という認識を徹底させてミスを防ぐよう努めています。

 


<忘れてしまう>
自分は、根拠もなく記憶力は悪くないと思っていましたが、物忘れが多いので記憶することが苦手だと気づきました。
しかし、記憶することが苦手なのに記憶に頼ろうとします。

 

それは苦手ではなく手抜きでした。また手抜きをするからかえって記憶力が低下することに気づいていませんでした。

 

加えて、気が乗らない事は「あとで」と先送りにしてメモも取らずにいました。これも手抜きです。この時に不注意が発生します。
「今ここで」何か手を打たなければ記憶のプロセスがあいまいになってしまうわけです。


更に気が乗らないので先送りにしていると、そもそも興味や関心の薄いあいまいな記銘(インプット)なのですからそのうち忘れてしまい抜けてしまいます。
そして記憶が抜けつつあることに気づいても放置してしまいます。これも続発的な二次性の手抜きです

直ぐにメモを取るようにしないと、どんどんと記憶が抜けてしまい、覚えておき続けること(記憶の保持)ができなくなります。
手抜きによるミスの雪だるま現象でこうなると手に負えなくなってしまいます。
その予防のために「自分の記憶力は特別優秀ではない」と再認識してどのようにすれば、記憶の負担を減らせるかを考えました。

まず、「できることを直ぐに実行すること」で記憶の負担を減らしています。

そして、「後でする事は、忘れないように直ぐにメモを取ること」でも負担の軽減に努めています。
メモを取るということは、その場で正確な判断をしてより確かな記銘(インプット)につながることを知りませんでした。

メモを取ることも含め、記憶しなければならないことを溜めないようにして、「気が付いたら忘れてしまっていた」というこれまで数々繰り返してきたことを防ぐよう心がけています。

不要となった情報はどんどん捨てていくことが記憶の容量を維持することになると気づきました。

 

以上の2点は「段取り」とも関わっています、
「段取り」をしっかりさせて
ミスを減らす工夫をしています。

「手抜き」をすることでは決して楽にならないばかりか、かえって負担が増してしまうことが今回の教訓です。

 

某林先生ではありませんが「いつやる?今でしょ!」を肝に命じていきます。

「Nogucchiの課題は…」

 

「Nogucchiはやるべきことの順番を決めて着々とこなすことや、時間どおりに終わらせることが苦手。」

この弱点に気づき、克服したく色々と調べていると、「注意欠陥多動性障害(ADHD)」にかなり当てはまる部分がありました。

 

一般的にADHDでは、<不注意、衝動性、多動性>という特性があるようです。

それぞれ見ていきます。

 

<不注意>

好きな事には集中しすぎる。反面すぐに気が散る、集中力がもたない。

当てはまる例として

・注意が維持できない

・書類等の見直しが苦手

・ものの整理整頓ができない

・順序立てて考えるのが苦手

 

 

<衝動性>

・思いついた事にはすぐに行動しなと気がすまない。

・判断と行動が直結している。

・人の話を最後まで聞かない

 

 

<多動性>

・じっとしていられず、落ち着きがない。

・退屈なことに耐えられない。

 

 

Nogucchiは不注意と衝動性に当てはまりまる部分が多いです。

 

じっくり考えたり待つことができない(衝動性)

やるべきことがわかっていても先送りし、とりかかれない(不注意)

決められらた手順にしたがって進められない(不注意・衝動性)

計画が立てられない、準備不足(不注意。・衝動性)

 

当てはまる部分が多いですね。

 

ですので、前回までの5つの課題を意識して段取りをつけ、自分の弱点と向き合い、克服していきたいと思います。

 

5つの課題①

 

5つの課題②

<5つの課題②>

 

Nogucchiの課題として

 

1、 時間の管理
2、 物の管理
3、 プランニング
4、 記憶の補強
5、 持続力

 

この5つを意識して、段取りをつけ仕事をしていくことが課題です。

 

前回は「時間の管理」と「物の管理」でした。

 

今回は「プランニング」「記憶の補強」「持続力」です。

 

「プラニング」

物事を気分で決めてしまうので、優先順位を考えていき、時間の見積をする。

 

記憶の補強

記憶に頼らず、メモを取る。

メモは、ちょこちょこと小さな字で書くのでなく、ホワイトボードやタブレットを活用しています。

 

持続力

趣味で仕事するのではなく、仕事は仕事として淡々とこなし、入れ込みすぎないようにする。

 

これら3点は「情報の管理」です。

 

前回の「心の管理」と合わせて、気分で仕事をしない。

 

入れ込みすぎず、仕事は仕事としてこなしていく。

 

「とりあえず後で」をせず、そのつど終わらせられるものは終わらせていく。

 

など、後に残さないことを意識し、抱え込まないようにしてミスを減らしていきたいと思います。

<5つの課題>


Nogucchiの課題として

 

1、 時間の管理
2、 物の管理
3、 プランニング
4、 記憶の補強
5、 持続力

この5つを意識して、段取りをつけ仕事をしていくことが課題です。

 

5つは多いので
<時間と物の管理>と<プランニング、記憶の補強、持続力>
とに大きく2つに分類しました。

 

 

まず<時間と物の管理>です

 

時間の管理とは、場当たり的に自分が気に入った事から進めるのではなく、時間帯を区切って基本のスケジュールを決めることです。

特に改善の課題として。気分で仕事をするため、

気に入った事は前のめり、面倒だと思った事は後回しにして時間が足りなくなって中途半端にしてしまう事です。

 

毎日の業務内容を整理してルーチンを決め、どの程度に時間が確保できるかを確認する。

仕事の優先順位をつけていく。

面倒だと思った事はまず取り掛かり、どの程度かかるか見通しをつけ、後回しにしない。

作業終了で終わりでなく、確認の時間も含めていく。達成したことで自己満足で終了せず、見返しをして確認する時間を含めて終了とする。

次の日の予定、準備も含めて時間の見積もりをしていく。

こういったことが課題です。

 

 

物の管理とは

物をため込まず、整理して不要な物を捨て、置き場を決める。

 

「とりあえず置いておけば、後で必要になるかもしれない。」という考えで、今するべき整理整頓を先延ばしにします。

まず「とりあえず」をやめ、そのつど必要かどうかを決めて、先延ばしをしない。

 

「先延ばし」はNogucchiの悪い思考です。

時間の管理でも、先延ばしをしてしまっていました。

先延ばしをしないことを気を付けています。

 

<時間の管理><物の管理>この2つは、Nogucchiの「心の管理」と言えると思います。

 

気分状態を管理して、気分で仕事をしてないかをモニタリングしていく。

気分で仕事をしないようにして、先延ばしをしない。

まずはこの事から始めています。


優先順位を考えて、時間の見積をすることにも気を配り、仕事のむらを無くしてミスを減らしていきます。

 

ある木曜日の午後7時30分頃

(近隣のほとんどの医療機関の診療時間は午後6時30分終了で、しかも、木曜日は休診のところが多いです。)

 

「初診ではないんですが」と若い女性が入ってこられました。

 

「(初回受診から)3ヶ月経っていないので予約はいらないはず」

と一方的な自己主張をされました。

 

 

ただちに確認してみると、たしかに初めての方ではなく、感染症とアレルギーで1回のみ来院されておりました。

(ただし、再診の約束を守れていませんでした。)

 

そして、数日で初回受診日から3ヶ月が経過するという方でした。

(急性の病気が、いったん解決したとされる場合には、その次の機会の受診は、初診の扱いとなります。)

 

 

症状としては「高熱がある!」と院内に響く声

(高熱なので、待合室で待っている他の患者たちより優先的に診るのが当然、とでも言いたげな態度)

 

“(予約なしの)発熱の方は他の患者の皆様を守るために当院では診療を受け付しておりません。”

 

と伝えるも

「内科なのに診ないんですか!」とまた大きな声

(内科にもいろいろな専門領域があり、内科医にもいろいろな役割分担があることを御存じない方のようでした。)

 

“定期的に通っている方々は難病(免疫力が低下している)の方ばかりなので、(専門医療機関としては)そうした患者の皆様を守る責任があり、不注意に感染させるわけにはいかなのです”

と伝えると、いったんは沈黙されました。

 

 

しかし、

「別の医者を紹介して」

(当然の義務であるはずだという甚だしい思い込み)

 

とのことなので、医療機関情報案内を渡そうとすると。

 

「スマホを持っていないのでこんなのを渡されても」

「高円寺の医者を紹介して」

と不機嫌そうに突き返してきました。

(多忙な時間帯なのに、そこまでの義務はないはずです!)

 

 

連休前後の木曜日の午後7時半以降の時間帯は、昔からトラブルが絶えず、私たちは

<魔の時間帯>

と呼んでいます。

 

まじめで勤勉な多くの定期受診の患者の皆様の迷惑を顧みない身勝手なクレーマーが多発する魔の時間帯なのです。

仕事にむらがあるのはなぜ?

 

Nogucchiの仕事ぶりにはむらが多いです。

 

何故なのか?

 

「準備不足」

「仕事の指示を忘れる」

「仕事にとりかかるのが遅れ、時間が無くなってしまう」

ことが多いです。

 

 

原因は

「目の前ことしか見えなくなる」

「何をしておけばよかったか」を振り返らない(振り返ろうとしない)

「しておけばばよかった」が自分の課題と認識していない。

 等々です。

 

 

「準備不足」は、下調べ等を事前に行い、準備時間を考慮して計画を立てない。

 

「指示を忘れる」は、記憶力が足らない(元々記憶力はよくない)のにメモをとろうとしない。

 

「取り掛かるのが遅い」は、気分で仕事をしているので、乗り気のしない仕事は後回し、逆に気に入った事は前のめりに進めてるので、ますます遅れる。

そして、今までのことを振り返っておらず、失敗が自分の中で整理されないでごちゃごちゃで次に生かせていませんでした。

 

対策としては、

下調べ、準備の時間も考慮する。

 

指示された仕事は忘れないようにメモを取り、いつまでに終えるかを仕分けする。

直ぐに必要なのか、時間をかけても良いのかを考える。

 

趣味で仕事をしているのではないので、気分で仕事をせず、終えるまで粛々と進める。

気分の乗らないものこそまず取り掛かり、見通しをつける。

 

仕事にとりかかる「段取り」「心構え」を確認して、やりっぱなしややり残しを防いでいく。

 

そして、上手くいかなかったら振り返り原因を考え吟味していく。

 

これらを、 一つ一つ大切にして仕事をしていきたいと思います。

 中野支部が6月に発足し中野区に団体登録をおこなってから1ヵ月が経ちました。

 

現在、9月の鷺宮温水プールでの稽古を開始するための準備を着々と進めております。

 

 そこで、多くの人に稽古に参加していただけるよう、杉並区と同様に中野区の掲示板「区民のひろば」にポスター掲示を始めます。つきましては、皆様からお手伝いをしていただける方を募集いたします。自宅や、よく行く場所の近くなど、1ヵ所からでも構いませんのでご協力をお願いいたします。

 

 ご賛同ただける方は、林亮博、坂本光昭もしくは水氣道運営会議メンバーまでお声がけください。

 

※中野区掲示板「区民のひろば」設置場所は添付資料を参照してください

 

 

水氣道 中野支部 

支部長 正二段下(上席支援員) 林 亮博

副支部長 2級 (中等修練性) 坂本光昭