新着情報

金曜シリーズ < よくある問い合わせ ⑳ >
2024年4月19日
 前回はこちら 過敏性腸症候群のガス(腹部膨満)型について、情報を段階的に整理していきたいと思います。最初は、健康人でも観察される生理的なメカニズム、次いで、病名が付けられる状態に
<水氣道の意義と卓越性の根拠>その3
2024年4月17日
 前回はこちらその3:水中運動性 水氣道を特徴づけ、また不可欠な本質的要素として、水氣道が、陸上運動ではなく、水中運動であるということです。 水氣道は、水中での団体エクサ
企業の衛生委員会における産業医の「衛生講話」③
2024年4月15日
 前回はこちら第2回:衛生講話年間計画(案)一般的に「産業医による衛生講話」のテーマは、 A.関係法令分野B.労働衛生分野およびC. 労働生理分野の3分野から選ばれています。&nb
<喘息のオペラ歌手たちから学ぶホリスティック健康医学 ② >
2024年4月14日
 前回はこちら <入門編:その2> 声楽家は、通常、舞台の左の袖から姿を現わします。すでに、その前から演奏は始まっているという意識をもって歩いてきます。つまり、このときの
金曜シリーズ < よくある問い合わせ ⑲ >
2024年4月12日
 前回はこちら 先週は過敏性腸症候群Irritable Bowel Syndrome(IBS)のガス型を巡って、ムッシュGPTと複雑なやりとりを展開してしまいました。しかし、私は、
<水氣道の意義と卓越性の根拠 >その2
2024年4月10日
 前回はこちら 水氣道は健康寿命の延長と疾病防止のために有利な団体性を持っています。それでは、この目的のために理想的な団体エクササイズとは、どのような特徴を備えたものなのでしょうか
企業の衛生委員会における産業医の「衛生講話」②
2024年4月8日
 前回はこちら 第1回:オリエンテーション:企業の衛生委員会とは 社内の(安全)衛生に関する計画や報告を審議する場 年間活動計画の審議については、骨子を事業者側
新シリーズ<喘息のオペラ歌手たちから学ぶホリスティック健康医学>
2024年4月7日
<喘息のオペラ歌手たちから学ぶホリスティック健康医学> 武蔵野音楽大学大学院修士課程声楽専攻の1年生最後の締めくくりは、1月29日(月)の声楽実技試験でした。私の受験曲は全てロシア語の歌で、
金曜シリーズ < よくある問い合わせ ⑱ >
2024年4月5日
 前回はこちら  今月のテーマは「空気の嚥下」と「腹満」についてです。腹痛を訴える杉並国際クリニックの受診者の中で最も多い原因は、無意識に空気を嚥下してしまうことによるも
<水氣道の意義と卓越性の根拠 >その1:生涯継続可能性
2024年4月3日
 新年度が始まりました。最初の四半期の4月から6月までのテーマは、水氣道の意義と卓越性について、様々な角度から検討していきます。 まず、水氣道とは何かについて、もっとも簡単に、その