(鍼灸)東洋医学の話をしよう1ー人体を構成する3つの柱

新年明けましておめでとうございます。

 

 

今年もよろしくお願いいたします。

 

 

早速東洋医学の話を始めましょうか。

 

 

今回は「人体を構成する3つの柱についてお話しましょう。

 

 

人体を構成する3つの柱とは、

 

 

まず第一に「氣」が挙げられます。

 

・原氣(げんき)

 

営氣(えいき)

 

・衛氣(えき)

 

・宗氣(そうき)に分けられます。

 

 

第二に「五臓」が挙げられます。

 

・肝(かん)

 

・心(しん)

 

・脾(ひ)

 

・肺(はい)

 

・腎(じん)

 

 

に分けられます。

 

 

第三に「経絡」が挙げられます。

 

身体の様々な部位をつないで信号の伝達路としての役割を担っています。

 

・肺経(はいけい)

 

・大腸経(だいちょうけい)

 

・胃経(いけい)

 

・脾経(ひけい)

 

心経(しんけい)

 

・小腸経(しょうちょう)

 

・膀胱経(ぼうこう)

 

・腎経(じんけい)

 

・心包経(しんぽうけい)

 

・三焦経(さんしょうけい)

 

胆経(たんけい)

 

・肝経(かんけい)

 

 

に分けられます。

 

 

次回も東洋医学についてお話していきます。

 

 

高円寺南診療所 統合医療部 漢方鍼灸医学科 鍼灸師 坂本光昭