<理想的な団体エクササイズの条件 ④ソーシャルサポートとコミュニティ>

 

前回はこちら

 

 

理想的な団体エクササイズとしての諸条件の第四として、ムッシュGPTは、エクササイズを提供する団体が組織としてもエクササイズプログラムとしても「ソーシャルサポートとコミュニティ」の場と機会を提供することの重要性を説いています。


個人的なエクササイズとの比較において、団体で行うエクササイズは、仲間と一緒に運動することで、モチベーションが高まり、継続的な運動の習慣を形成し易くなることを指摘しています。

 

水氣道は健康寿命の延長と疾病防止のために有利な団体性を持っています。その上に、水氣道をさらに具体的に特徴づけているのが、屋内での水中エクササイズであるということです。


陸上でのエクササイズと比較して、水中でのエクササイズが、健康寿命の延長と疾病防止のために、どれほど有利であるかについては、多くの方は十分に理解していらっしゃらないように思います。


それでも、団体エクササイズは、まだまだ陸上でのエクササイズが主流ですが、水中での団体エクササイズの卓越性について、ムッシュGPTはどのように判断するでしょうか?

 

 

 

インタヴュアー:ドクター飯嶋(水氣道創始者)

 

健康寿命の延長と疾病防止のための団体での生涯エクササイズとしてソーシャルサポートとコミュニティの要素等も評価の一つに加えて総合的に勘案すれば、陸上で行うのと水中で行うのでは、どちらの方が優れているでしょうか?

 


ChatGPT

健康寿命の延長と疾病防止のための団体での生涯エクササイズにおいて、ソーシャルサポートとコミュニティの要素を評価する際に、陸上で行うエクササイズと水中で行うエクササイズの両方には利点がありますが、総合的に勘案すると、水中で行うエクササイズの方が優れていると考えられます。


以下にその理由を示します:


1. 水中エクササイズのコミュニティ感:
水中エクササイズは、水の中で行われる特殊な環境において、参加者同士のコミュニケーションや協力が促進されます。水の中で行う運動は一種の共通体験となり、参加者同士がコミュニティを形成しやすく、絆が深まります。


2. 心理的な支援:
水中エクササイズは、水の浮力によって身体への負荷が軽減されるため、高齢者や運動が制限される人々にとっても安全であり、自信を持って参加することができます。この安全性と心理的な安心感は、コミュニティメンバー同士の相互支援を促進します。


3. リラックス効果とストレス軽減:
水中での運動はリラックス効果が高く、ストレスを軽減する効果があります。水の静かな環境と水の抵抗によるマッサージ効果が、メンバーの心身の健康をサポートし、コミュニティのメンバー同士のストレス解消に役立ちます。


4. コミュニティの結束力:
水中エクササイズは、共通の目標や体験を共有することで、コミュニティ全体の結束力を高めます。グループでのエクササイズは、メンバー同士の信頼関係を築き、相互の支援や励まし合いが生まれます。


5. 多様性と包摂性:
水中エクササイズは、体力や年齢に関係なく、幅広い層の人々が参加しやすい特性があります。そのため、コミュニティ内における多様性と包摂性が高まり、誰もが自分のペースで活動できる環境が整います。


以上の理由から、ソーシャルサポートとコミュニティの要素を評価する観点からは、水中で行うエクササイズの方が総合的に優れていると考えられます。

 


ドクター飯嶋のコメント:


「ソーシャルサポートとコミュニティの要素を評価する観点からは、水中で行うエクササイズの方が(陸上で行うエクササイズより)総合的に優れている」というのがムッシュGPTの判断です。


ここでは、水中エクササイズと陸上エクササイズの優劣を論じることより、個人エクササイズと団体エクササイズの一般的な優劣を検討したいところですが、ムッシュGPTは、質問者の真意を的確に理解して回答していることを示しています。


その根拠として、5箇条を挙げていますが、いずれも共感できる内容であると思います。


水中エクササイズは、陸上エクササイズに優越する多くの側面を持っているばかりでなく、団体エクササイズとしてプログラムすることによって、水中エクササイズは、ソーシャルサポートとコミュニティの要素を活かしやすくなるため、水中での団体エクササイズは、多面的なメリットがさらに大きくなることをも説明しています。