高円寺南診療所

院長ご挨拶

飯嶋正広

院長 飯嶋正広

ご挨拶

高円寺南診療所は、平成元年開設以来、四半世紀以上にわたり「体と心のトータル・ケア」を提供してきました。その目的のため西洋医学と東洋医学の両面での知識・技術・経験を駆使して診療にあたっています。
さて、高円寺南診療所は、とりわけ、専門医療の隙間の病気など現代の標準的医療制度が抱える限界や不備や矛盾、そのため居場所や行き場所を見失い悩み苦しむ患者の皆様とともに歩み続けてきました。他者の助けを必要とする患者の方々も、その皆様に奉仕する私ども高円寺南診療所も一致が無ければ小さな存在に過ぎません。厳しい現実や不合理な困難に幾度も直面しても、逃げず・避けず・誤魔化さず、多くの貴重な経験を重ねながら、充実した今日を迎えることができたのは幸運なことです。
それは既存の権威を盲信せず、世俗の権力に媚びず、弱者同士が一致協力し合って現実の困難を乗り越え、創造的で芸術的な資質を発揮できるようになったからだと確信しています。そうした弱者の群れの中から、人間愛に満ち、勤勉で優秀な人材が育ちはじめ、私たちのチーム医療や関連する活動にも積極的に参画し、社会に貢献してくれています。
私はそれに感謝しながら日々診療を続けております。