「つもりが積り…」の巻3

 

 

つもりが積もると、まず自分自身が動けません。

 

このくらい…と手を抜いて過ごすと、

 

それが加速度的に積もっていくと判断も行動も鈍っていきます。

 

 

その結果、省エネ思考で、「太い人」の思考に戻ってしまい、

 

そうなると、どうあがいても一人では痩せられない。

 

ドクトル飯嶋は、「もう外見だけ痩せようとしなくともよい、

 

むしろ、しっかりと内面から引き締まってほしい」、と

 

 

締まらない話ですが、

 

そこで、ハタと気づきました。

 

 

ここで、一句

 

「先送り つもりが積もって 雪だるま」(NoGucci

 

今回は「手の陽明大腸経」の経絡と「手の陽明」の経筋を見ていきましょう。

 

 

<手の陽明大腸経の経絡>

img_9339 

 

体内で大腸に属します。

 

体表では人差指から腕の親指側を通り鼻の脇に至ります。

 

顔面、鼻、歯、咽喉の疾患の治療に使われます。

 

 

有名なツボに「合谷(ごうこく)」が挙げられます。

 

人差指と親指の間にあるツボです。

 

頭痛、花粉症(鼻詰まり)、下歯痛、便秘、下痢、肩こり、

 

橈骨神経麻痺等の疾患に効果があります

 

 

<手の陽明の経筋>

img_9358

 

人差指から肩甲骨を通り反対側の顎に向かいます。

 

肩の痛み、首の回転時に痛みが出たりします。

 

 

次回は「足の陽明胃経」の経絡、「足の陽明」の経筋を見ていきましょう。

 

「つもりが積り…」の巻2

 

 

NoGuccciの≪つもり脱却デブの3原則≫

 

ブクブクと太りたい人は“絶対に”読まないでください!

 

 

1)対象や物事を明確にし、流さず、いったんは留めおく

 

理解していないことをそのまま流さない。垂れ流しにするな!

 

つまり、理解した「つもり」にならないこと!

 

何となく聞き流す、見流す(⇒見逃す)ことを厳に戒める。

 

2)焦点の合った引き締まった目で確認する

 

どんなに完璧に終えた「つもり」でも、

 

それは、ふやけて肥満化した主観の目、間違いがあるかも、

 

という引き締まった客観的な目が必要

 

つまり、怠け者の常套手段、希望的観測にすぎない。

 

 

3)自分だけで抱えこまず、チームの協力を仰ぐ

 

嫌なことを避けず、直面せよ、しかし、一人で潰されるな!

 

「さらけだせ、いまさら恥を怖れるな、

 

ミスぞ積りて癖(くせ)となりぬる」

 

多くの目と共にチェックしていただくこと!

 

 

 

なーんだ、出来る人にとっては当たり前のことじゃないか。

 

でもNoGucciは怠け者でした(過去形にするつもりです!)

<経絡航法とは>

 

腕や脚の「経絡」「経筋」を意識し、水の抵抗を感じて動かすことにより、

 

体中に流れる氣の巡りを良好にしていくものです。

 

そのためには、「経絡」「経筋」の走行を知らねばなりません。

 

これから12週にわたり「経絡」「経筋」を紹介していきます。

 

 

<手の太陰肺経の「経絡」>

 img_9338

 

太陰肺経です。

 

胸部から上肢の親指側を通り親指の外側に至ります。

 

この経絡は名前の通り肺に属し呼吸器系の疾患に効果があります。

 

 

ツボの紹介を1つ

 

「尺沢(しゃくたく)」というツボです。

 

肘にあります(図の肘の部分です)。

 

鼻炎に効果があるので、鼻の調子が悪い方は指圧してみてください。

 

鼻の通りが良くなりますよ。

 

 

<手の太陰の「経筋」>

 

img_9359

 

腕は肺経の経絡と同じ走行をしています。

 

その後は胸中全体を分布して横隔膜に結合しています。

 

通過する部位が引きつり、筋が引っ張られると側胸部が締め付けられます。

 

 

次回は「大腸経」を紹介します。

 

 

水氣道1級 坂本光昭

 

 

「つもりが積り…」の巻(1)

 

 

NoGucciは「つもり」が多いです

 

確認した「つもり…」

 

終えた「つもり…」

 

伝えた「つもり…」

 

 

ドクトル飯嶋からは

 

「つもりが積もって雪だるまだな、だから痩せないんだ」と…

 

まさしく雪だるま状態です

 

振り返ってみるに、それがいつも失敗の種になっています

 

 

乏しいなりに知恵を絞って考えてみるに…

 

「つもり」を脱却するには…

 

 

そこで、NoGuccciのつもり脱却3原則、

 

一挙公開!! 

 

次回をお楽しみに

 

気い付けや

 

試食のつもりが大宴会

 

宴終わって

 

冬眠始まる

 

「気ぃ付けや」三部作にはしないつもりのつもりです

水氣道 准3級(特別訓練生) 野口将成

 

 

減肥航法は、水氣道の会員に必須の航法ではないので、特殊航法に分類されます。

 

しかし、<特殊航法を極めることによって、一般航法の意味がより深く見えてくる>

 

という、ドクトル飯嶋の教訓を肝に銘じ、

 

誇りをもって水氣道減肥航法の開発推進者への道を歩んでいこうと考えております。

 

 

自ら掲げた減量目標を達成して3級(初等修錬生)の列に加えていただくことになると、

 

減肥航法という技法で稽古する集団の班長(野口班)となり、

 

さらに責任が大きくなるそうです。Mr.NoGucciはそれを脅威とは受け取らず、

 

チャンスであると受け止めております。

 

 

毎度毎度レーンの一部をお借りして、大きな体をゆすり、波を立てながら

 

注目(何をしているの?と思っている方も多いと思いますが)を一身に集め

 

心身の肥え(考えや行動の甘さや緩み・たるみ)を減らすために頑張っています。

 

これからも端を少し(とっても邪魔かもしれませんが)使わせていただき、

 

精進を続けて参ります。よろしくお願いいたします。

 

わかっています、でも…

 

 

「できることなのに、課題の先延ばし」

 

 

少し前までのMr.NoGucciの行動パターン②

 

手を付けず、スタートせず、流れたら楽なのになあ~、とさえ思う。

 

そして、いつまでたってもスタートしない。

 

 

スタートするのは、お尻に火がついてどうしようもなくなってから…

 

そして、スタートしたら止まらない、止められない。

 

 

「忙しく動き回っている自分はカッコイイ」とか少し思ってドタバタと動き回る。

 

そんなときドクトル飯嶋には笑顔で「ちょっと、バタバタしていまして」と言って、

 

とてもいい気分になる。

 

 

 

そんなときの自分を、ドクトル飯嶋はきっと見抜いているのだろう。

 

 

「君の笑顔は、不自然に歪んで見える。」とのたまわく。

 

 

さらに、「『バタバタしている』という言い訳は禁句だ。」との追い討ち。

 

 

 

どちらにしても、このMr.NoGucci。先を考えず、スタートして振り返らず。

 

無計画のまま修正もせず、だらしない自分…

<生姜無い>

 

気いつけや

 

味見のつもりが、つまみ食い

 

腹がつまって人生つまらん

 

 

※夜中に料理を作って後悔したので もうしません。

 

水氣道1級 高等修練性 加藤博文

 

 

 

「できることなのに、課題の先延ばし」

 

 

少し前までのMr.NoGucciの行動パターン①

 

ボクは少し成長した。

 

まず考える、ことにしたからだ。

 

考えることは苦手なので、苦手な思考から始めることにしたのだ。

 

何という勇気なのだろう。これはまさに『革命』だ!

 

いや、変革を望まないMr.NoGucciに革命なんか出来ようハズがない。

 

そこで「出来ない」と内外に宣言するための方法の探索に取り掛かる、

 

つまり、与えられたタスクを回避し、自己の成長を拒むため、

 

しなくて済む理由をこじつける作業なのだ。

 

課題や、仕事を始めなければならないとき、

 

できるかどうかを迷いはじめたとき、

 

あれこれ考えて、しなくて済ませるための計画を立てます。

 

 

いえいえ、計画を立てて、しっかりと考え、積極的に仕事に取り組んでいる、

 

そんなつもりのムードに浸っていたいのです。

 

自分で自分に思い込みを与えようとしているのです。