聖楽療法の体系構成

第一部では、聖楽療法の理論の背景としての心身医学について概説し、そのうえで新しい心身医学の考え方を明確にしました。

今月から「第二部 聖楽療法 理論と実践の性質」に入りました。

第二部は、聖楽療法の拠点としての聖楽院とは何かについて、その起源を述べ、いくつかの心身医学的アプローチをどのように応用して発展してきたかを省察します。

前回までの3回は、第3章 臨床聖楽法の起源と基礎
臨床聖楽法とは何か?どのように発展してきたのか?
というテーマですすめてきました。

 

それでは、「第二部 聖楽療法 理論と実践の性質」のアジェンダを示します。

 

第3章 臨床聖楽法の起源と基礎

 

第4章 臨床聖楽法における芸術音楽の価値

 

第5章 臨床聖楽法の理論的根拠、実践、意味

 

第6章 音楽療法モデルにおける臨床聖楽法の考え

第7章 現代の音楽療法の枠組みにおける臨床音楽法の考え

 

 

第3章 臨床聖楽法の起源と基礎

媒体としての音楽―臨床聖楽法理論の一つの基礎

審美的体験としての音楽体験
  
 

音楽体験は、ジョン・デューイがその美学理論の中で「体験の媒体」と表現した概念が理解を助けてくれます。デューイによれば、「媒体(medium)」という言葉は、仲介するものの存在を暗に含んでおり、「手段(means)」という言葉と共通の意味を持ちます。

しかし、この二つの概念には決定的な違いがあります。媒体とは、一つの体験の中に内在するものを求める行為であり、その行為自体が動機であると同時に目的です。これに対して手段とは、外的な目的を達成するための道具を意味します。

 

音楽中心音楽療法の指導者であるケネス・エイゲンは、「音楽中心の実践では、音楽独自の体験や表現を達成することを目標としている」とします。

この立場では、音楽的体験や表現自体が有益な人間活動であり、そのため臨床的な目標と音楽的な目標は切り離せず、また、音楽を通じて得られたことは、それ以外の方法では得ることはできないと述べています。

そして、音楽的な目標、すなわち音楽的な体験こそ音楽療法における正当な焦点であるというこの考え方は、音楽療法の手段と結果を融合することを含んでいるとしています。

 

デューイは、審美的体験こそこそ美学を特徴づける定義だとしています。

音楽中心理論における音楽には、手段と目的の統合がみられますが、これは一般の審美的体験の場合と類似していることをエイゲンは指摘します。

そして、彼は音楽中心理論についての審美的な関連を説明するうえでの助けになるものだとしています。

音楽の審美的な質の高さが臨床のプロセスに直接関連するため、ノードフ・ロビンスの実践のように最も審美的な質の高い音楽を選択するように、聖楽院もクリエイトした録音音楽としての芸術歌曲集「小倉百人一首」のCDを準備して活用しています。

 

ルーディ・ギャレットは、「音楽ベースの(music-based)」音楽療法理論では、音楽を体験的媒体として考える必要があるとします。そして、音楽療法のクライエントにとって、主要な動機付けは音楽活動そのものに係ることであり、もしそうでないとしたら、音楽活動を通じた機能の改善は期待できないであろうと述べています。

したがって、ギャレットによれば、音楽活動と音楽体験に対してクライエントが意欲をもつことが、音楽療法治療への自主的な参加や熱意として現れてくることになります。

さらに、音楽に対する意欲は、単にクライエントを治療に引き付けるものとしてではなく、重要な解説的性質を含んでいることになります。

このように、音楽療法におけるクライエントの体験が基本的に音楽的なものであれば、それが、その療法の効果を説明する鍵となります。

聖楽療法の体系構成

 

第一部では、聖楽療法の理論の背景としての心身医学について概説し、そのうえで新しい心身医学の考え方を明確にしました。

 

今月は、「第二部 聖楽療法 理論と実践の性質」について展開中です。

 

第二部は、聖楽療法の拠点としての聖楽院とは何かについて、その起源を述べ、いくつかの心身医学的アプローチをどのように応用して発展してきたかを省察します。

 

それでは、「第二部 聖楽療法 理論と実践の性質」のアジェンダを示します。

 

 

第3章 臨床聖楽法の起源と基礎

 

第4章 臨床聖楽法における芸術音楽の価値

 

第5章 臨床聖楽法の理論的根拠、実践、意味

 

第6章 音楽療法モデルにおける臨床聖楽法の考え

 

第7章 現代の音楽療法の枠組みにおける臨床音楽法の考え

 

 

それでは本題に入ります。

 

第3章 臨床聖楽法の起源と基礎

 

音楽療法はどのように発展してきたのか?

そして臨床聖楽法は音楽療法の中でどのような立場と役割をもつのか?

音楽中心の考え方と臨床的音楽体験をめぐって

 

 

音楽中心の考え方とは、音楽体験そのものが自己充足的な療法体験となる力となることを正当な理由とし、療法の主要な焦点であるという立場です。その要点は臨床聖楽法も同様であり、矛盾はありません。

ブルシアは「音楽のプロセスは、クライエントの個人的プロセスそのもの」であり、「プロセスと結果は切り離せない」と考えます。それゆえに音楽中心心理療法において、「音楽経験は療法的に変容するものであり、それ自体で完結する」と主張します。

そして「体験的な変化を目的とした音楽心理療法の形態」である変容的療法と、「言語を介して生じる気づきを目的とする」洞察的療法を区別しています。さらに、「心理療法としての音楽」が最も音楽を占有的に使うプロセスであるのに対し、「音楽中心心理療法」では音楽体験と共に言語的介入がなされ得るとしています。そして、「音楽的なプロセスが実際にはクライエントの個人的なプロセスである」とする変容的療法は音楽中心音楽療法の主要な概念でもあります。

確かに、このように主張することは可能ですが臨床聖楽法の立場であれば、変容的療法と洞察的療法を統合的に駆使しているため、通常は両者を明確に区別する必要は生じないし、より実践的でもあると考えます。

 

 

創造的音楽療法についての議論の中で、アンスデルは音楽療法について「音楽の作用そのものと同じように働く」と述べました。

ケネス・エイゲンはこの考え方を発展させて、「音楽中心療法においては、音楽の持つ力、音楽体験、プロセス、構造の中で、音楽療法プロセスのメカニズムが発生する」と主張しています。

そして、クライエントの意欲は非音楽的な目標を達成することよりも、主に音楽を作り出すことに向けられているとの考えで音楽療法体験の価値を説明しようとします。

そのために音楽中心アプローチはクライエントの体験や意欲を反映し尊重するのです。

このようにして、音楽中心アプローチは、非臨床的音楽体験と、臨床的な音楽体験との間に連続性をもたせるとしています。

 

 

このような回りくどい理論展開をせざるをえないのは、エイゲンが音楽中心音楽療法をもって、いかに固有理論を示すべきかという課題をもっているからであるようです。

エイゲンに限らず、心身二分論の先入観に支配されている大多数の人にとっての臨床的音楽体験は、心身一如の人間観および音楽理解を前提にする臨床聖楽法の考え方からすれば、すこぶる狭義のものです。

臨床聖楽法を前提とする理解に立てば、エイゲンが定義する非臨床的な音楽体験をも含めて、すべてが臨床的音楽体験であるということになります。

聖楽療法の体系構成

 

第一部では、聖楽療法の理論の背景としての心身医学について概説し、そのうえで新しい心身医学の考え方を明確にしました。

 

前回から「第二部 聖楽療法 理論と実践の性質」に入りました。

 

第二部は、聖楽療法の拠点としての聖楽院とは何かについて、その起源を述べ、いくつかの心身医学的アプローチをどのように応用して発展してきたかを省察します。

 

「第二部 聖楽療法 理論と実践の性質」のアジェンダを示します。

 

 

第3章 臨床聖楽法の起源と基礎

 

第4章 臨床聖楽法における芸術音楽の価値

 

第5章 臨床聖楽法の理論的根拠、実践、意味

 

第6章 音楽療法モデルにおける臨床聖楽法の考え

 

第7章 現代の音楽療法の枠組みにおける臨床音楽法の考え

 

 

それでは本題に入ります。

 

 

第3章 臨床聖楽法の起源と基礎

 

音楽療法はどのように発展してきたのか?

 

そして臨床聖楽法は音楽療法の中でどのような立場と役割をもつのか?

 

「音楽中心」の考え方と臨床聖楽法

 

 

ある実践者が音楽中心であるほど、療法の中で音楽を使うより、音楽を療法として用いる傾向が強くなります。

つまり、音楽中心であるということは、療法として音楽を用いることと密接な相関があるということがいえます。

療法としての音楽の使い方の典型的な例は、特別に選んだ録音音楽をクライエントに聞かせることで免疫機能を改善する方法を引き出し、身体的健康を促進するという目的がある場合です。

これは、音楽を聴くこと以外には他に何の介入も行わす、クライエントは音楽と直接的に係っているからです。

しかし、ここでの臨床的根拠は、免疫機能の変化とか身体的健康といった生理的レベルの反応であって、これを非音楽的反応であると規定してしまうと、音楽体験そのものに正当性の根拠を求める「音楽中心」の考え方とは正反対のものとなってしまいます。

「音楽中心」の立場では、音楽的表現や音楽体験こそがセラピストが求めて働きかけっていくものであり、それを通じて何か別のものを達成するということではないからです。

 

 

たとえば、聖楽院がクリエイトした録音音楽として芸術歌曲集「小倉百人一首」は、免疫機能の変化とか身体的健康といった生理的レベルの望ましい反応を期待するものですが、目的はそれだけではありません。

 

臨床聖楽法の立場は、前述のケネス・エイゲンの論理展開の中には大切なポイントが見落とされているか、気づかれていないものの上に立脚しています。

それは、「音楽中心」の立場は「特別に選んだ録音音楽をクライエントに聞かせる」という手段ではなく、「免疫機能を改善する方法を引き出し、身体的健康を促進する」という目的の吟味に過度にこだわりすぎているからです。

 

 

音楽を聴くこと以外には他に何の介入も行わす、クライエントは音楽と直接的に係っていることが達成できた段階で、すでに「音楽中心」なのであり、それにより「免疫機能を改善する方法を引き出し、身体的健康を促進する」結果が得られようが得られまいが、「音楽中心」の立場から批判するには当たらないはずだからです。

 

また、ケネスは他の多くの音楽療法家と同様に、音楽療法を心理療法に関係づけています。

そのため、音楽による心理的変容と生理的変容を区分し、前者を音楽的効果、後者を非音楽的効果と捉えているようです。

 

臨床聖楽法は、音楽療法を心身医学療法として認識しているため、音楽による心理的変容と生理的変容を区分することなく、むしろ一体的連続的にとらえて、その両面あるいはその総体に及ぼす変容効果をもって音楽的効果と認識するものなのです。

 

 

媒体としての音楽―臨床聖楽法理論の一つの基礎

聖楽療法の体系構成

第一部では、聖楽療法の理論の背景としての心身医学について概説し、そのうえで新しい心身医学の考え方を明確にしました。
今は、いよいよ「第二部 聖楽療法 理論と実践の性質」に入ります。

 

第二部は、聖楽療法の拠点としての聖楽院とは何かについて、その起源を述べ、いくつかの心身医学的アプローチをどのように応用して発展してきたかを省察します。
それでは、「第二部 聖楽療法 理論と実践の性質」のアジェンダを示します。

 

第3章 臨床聖楽法の起源と基礎

第4章 臨床聖楽法における芸術音楽の価値

第5章 臨床聖楽法の理論的根拠、実践、意味

第6章 音楽療法モデルにおける臨床聖楽法の考え

第7章 現代の音楽療法の枠組みにおける臨床音楽法の考え

 

 

それでは本題に入ります。

 

第3章 臨床聖楽法の起源と基礎

 

音楽療法はどのように発展してきたのか?
そして臨床聖楽法は音楽療法の中でどのような立場と役割をもつのか?

 

「療法における音楽」と「療法としての音楽」

 

本章での最初の議論は、「療法における音楽」と「療法としての音楽」という概念の区別です。「療法としての音楽(music as therapy)」は、ポール・ノードフとクライン・ロビンズが初めて使った表現です。彼らの研究の中で「療法としての音楽の技法(The art of Music as Therapy)」という表現があり、これは「療法は音楽の中で起こる」というスタンスを強調した音楽中心性というアプローチが彼らの哲学的基礎であることを明らかにしています。また、ヘレン・ボニーも、「音楽という療法(music- as- therapy)」という表現を用いています。

 

ところで、ケネス・ブルシアは即興的音楽療法モデルの研究の中で、「音楽中心」という言葉を用いています。ただし、これはその後、即興的アプローチに限って用いられる用語ではなく、既成の音楽を使用するGIM(音楽によるイメージ誘導法)のようなアプローチの実践者の間でも用いられています。ブルシアは「療法としての音楽」というアプローチと「療法における音楽」というアプローチの違いを比較検討しています。

 

ブルシアは、それぞれのアプローチの違いを、どのような臨床的立場に立ったものかによって区別しています。その区別を決定する基準は、クライエントのニーズの違いであるとします。

 

「療法としての音楽」では、クライエントが音楽と直接的に係ることが強調され、その際に音楽はクライエントの療法的な変化を引き出す主要な刺激もしくは反応を引き出す媒体としての役割を果たします。

これに対して、「療法における音楽」では、音楽は主要な唯一の要因ではなく、むしろ対人関係や他の治療方法を通じた療法的変化を促進するために使われます。

 

臨床聖楽法は、音楽を最も主要な要因としますが、これを唯一の要因とするものではありません。しかも、セラピーセッションの中では、対人関係や他の治療方法の要因をも有効に活用することによって療法的変化を促進するために使用します。

そのため臨床聖楽法は全体としては「療法における音楽」に分類されることになりますが、クライエントが音楽と直接的に係ることを可能な限り尊重する立場としては、その中核には「療法としての音楽」が据えられています。

 

臨床聖楽法は、「療法における音楽」と「療法としての音楽」とを明確に区別して分類する立場ではなく、むしろ、両者を連続的かつ包括的に体系化して実践することによって目的を果たすことができるとする立場です。

4月1日から「東京都受動禁煙防止条例」・「改正健康増進法」が全面施行され、決められた場所以外では、喫煙できなくなりました。この改革そのものは、聖楽院にとっては歓迎すべきことですが、それ以上に年初から続いている新型コロナウイルス感染症(COVID-19の蔓延により、音楽ライブのために会場を提供してくださっている店舗の経営困難が深刻な事態となっています。

 

・聖楽院A組およびB組の稽古会場として長らくお世話になっていた音海会場(東高円寺)は、短期間の弊店期間中です。再開後には新たな情報を得て、皆様に御報告いたします。

 

・聖楽院C組の稽古会場としてお馴染みのボンジュール会場(高円寺)が、今月いっぱいで閉店する決定の報告を受けました。

 

これらの報告を受けて聖楽院の活動が再開できるようになった暁には、聖楽院C組の稽古会場を別の場所に求めなければならないことになりました。

 

諸般の事情を勘案しながら、適切な方向性を打ち出していきたいと存じますので、会員の皆様におかれましては、定期的にこのホームページを閲覧してくださいますようお願い申し上げます。

 

令和2年4月3日 

聖楽院 主宰 飯嶋 正広

第一部では、聖楽療法の理論の背景としての心身医学について概説し、そのうえで新しい心身医学の考え方を明確にします。

 

第二部は、聖楽療法の拠点としての聖楽院とは何かについて、その起源を述べ、いくつかの心身医学的アプローチをどのように応用して発展してきたかを省察します。

 

第三部は、心身医学の理論に根ざした聖楽院の哲学的な基礎概念を示し、心身医学療法の領域において水氣道の考えが心身医学療法の一般的な理論となりうるかを論じます。

 

第四部では、聖楽療法理論の一般的理論としての側面について、その概略を述べます。

 

心身医学療法における聖楽療法理論のコンテクスト(その1)

 

第1章 理論の性質

 

第2章 心身医学療法における理論

従来の心身医学療法における理論の役割

 

聖楽療法の概念的役割

 

聖楽療法の固有理論の問題

    

 

前回は、聖楽療法の一般理論の問題、についてでした。私たちが、音楽的発展という力を用いて一人一人の個性を自己の成長に向けて整合させていくことが、音楽療法としての一般理論の要素となることを紹介しました。

 

さて、第2章の最後は、本論が提示する理論の、固有的・臨床聖楽法的側面、についてです。

 

2つの命題を提起して、それに答えていくことにします。

 

 

臨床聖楽法は固有理論なのか?

 

臨床聖楽法は固有の理論です。他分野から引き出された概念はありますが、引き写しではなく極めてオリジナリティの高い理論だからです。

 

筆者の方法は、様々な分野からの特有の視点を集めて、聖楽療法の実践に固有の問題と照らし合わせ、組み合わせ統合して新たな意義と効果を生み出しています。

 

そして、筆者の視点は、臨床聖楽法はまず第一に、新しい心身医学の概念に照準を合わせるべきですが、この概念とは、心身医学療法の実践から導かれた固有のものです。第二に、臨床聖楽法は、音楽的・非音楽的の両方の要素をもち、また他の領域に起源をもつ概念が多く含まれますが、これらの借用概念は「固有」な形で使われているからです。

 

 

“臨床聖楽法”は心身医学療法なのか?“

 

臨床聖楽法の理論は音楽的基盤と非音楽的基盤を持つ概念です。

 

音楽の概念に基礎を置き、特に音楽的な価値をセラピーの役割の柱に据え、ミュージッキング(音楽すること)や音楽が体験の媒体となるといった音楽哲学の概念を取り入れ、臨床聖楽法の実践や信念を説明するのに役立っています。

ただし、臨床聖楽法は一般的な多くの音楽療法より非音楽的な考えとも無理なく共存し得るものなのです。

 

すでに音楽理論家の間でその価値が証明され積極的に用いられている理論にスキーマ理論があります。

スキーマ理論は比喩理論とも訳されますが、この理論は音楽体験にうまく当てはまり、自然に順応することが実証されています。

この理論はもともと言語学の領域から発展してきたものですが、音楽理論や音楽療法の分野でも展開を見せています。

この理論を応用することで音楽および音楽的現象をより深く理解しようとする欲求から直接的な発展が促されてきました。

 

スキーマ理論は理解のための方法であると同時に、特定の知的体系でもあります。

この理論は音楽体験の性質についての洞察を得るための道を拓いてくれるものであると同時に、心身医学的な本質をもち、新しい心身医学の療法的な展開である臨床聖楽法の実践において大きな手掛かりを与えてくれるものです。

 

 

来月から、「第二部 聖楽療法 理論と実践の性質」に入ります。

 

 

特効薬はない、自宅で免疫力をUpしよう!

 

ヨーロッパ諸国での戒厳令ほどの厳しさはありませんが、

東京都知事の小池さんの発した週末外出制限勧告を受け、

皆様はどのように週末をお過ごしでしょうか。

 

当初、普通感冒と同様に楽観しされていた新型コロナウイルスは、

普通感冒どころか、インフルエンザよりもさらに恐ろしいSARSウイルスの仲間でした。

 

ウイルス名ではSARS-CoV-2、病名はCOVID-19感染症

 

これが、エンデミック⇒エピデミック⇒パンデミックとなっただけではなく、新たな脅威が、中国でまた発生しました。

 

中国メディア(英字新聞グローバル・タイムズ/24日火曜)が、同国内で新型コロナウイルスとは別の感染症が広まりつつあることを報じました。

 

中国雲南省在住の男性が、ハンタウイルスに感染し、この男性は23日月曜、突然亡くなりました。

医師たちが検査した結果、男性の病気はハンタウイルスへの感染によるものであると分かりました。

ハンタウイルスは主に齧歯類の間で広まるウイルスで、人間が感染した場合、肺や腎臓などに問題を起こす原因となります。今や第三次世界大戦さながらで事態は、日本政府の発表より長期化することは避けられないでしょう。

 

特効薬を処方することができない当分の間は、医師である私も素人同様に素手で見えない敵と戦っていかざるをえません。

ただ自宅に引き籠って怯えているだけでは、気力も体力も衰え、免疫力を低下させてしまい、ウイルスの餌食になってしまいます。

 

しかし、このような場合でも、打つ手はあります。

それは、自宅に居ながら、好きなことをしながらできる免疫力の強化法です。

 

聴く薬は効く薬です。

ご自分のしたいこと、お好きなことをしながら聞き流しているだけでけっこうです。

これをよく聴いていただければ、良く効くこと請け合いです。

それは杉並国際クリニック・聖楽院オリジナル・ヒーリングCDです。

 

音楽之友社刊のオーディオの総合月刊誌『ステレオ』2020年4月号のトピックスに紹介されましたので貼付いたします。

 

また、同じく『レコード芸術』2020年5月号にも、あらためて紹介される予定です。

 

藝術歌曲集 小倉百人一首No1.コンコーネ50番(中声)で歌う(CD2枚組)¥3,000+税

dav

藝術歌曲集 小倉百人一首No2.トスティ50番(高声)で歌う(CD2枚組)¥4,000+税

dav

 

 

 

表紙

タウンインフォ百人一首

トピックス百人一首

sterero2

 

第一部では、聖楽療法の理論の背景としての心身医学について概説し、そのうえで新しい心身医学の考え方を明確にします。

 

第二部は、聖楽療法の拠点としての聖楽院とは何かについて、その起源を述べ、いくつかの心身医学的アプローチをどのように応用して発展してきたかを省察します。

 

第三部は、心身医学の理論に根ざした聖楽院の哲学的な基礎概念を示し、心身医学療法の領域において水氣道の考えが心身医学療法の一般的な理論となりうるかを論じます。

 

第四部では、聖楽療法理論の一般的理論としての側面について、その概略を述べます。

 

 

第一部 心身医学療法における聖楽療法理論のコンテクスト(その1)

 

第1章 理論の性質

 

第2章 心身医学療法における理論

 

従来の心身医学療法における理論の役割

 

聖楽療法の概念的役割

 

前回は聖楽療法の固有理論の問題、ということで輸入理論との関係について述べました。

 

そして、音楽分野からの輸入理論や専門概念が新しい心身医学療法の固有理論となり得るという立場であることを紹介しました。

 

さて、今回のテーマは

 

聖楽療法の一般理論の問題です。

 

一般理論が聖楽療法においてどのような性質と役割をもつのかについて述べます。

 

一般理論に基づく実践は、指導者自らの基礎的信念をあたかも一般理論であるかのように扱ってしまったり、そのために療法すべてに押し付けてしまったりするとうな存在だとしたら問題です。

 

筆者はレッスン生が他では得ることができない独自の経験を聖楽療法の中で提供したいと願うものであり、レッスン生自らが独自の存在でいられることや自分の真の性質や才能を見出すことを願っているからです。

 

また、あまりに科学的なアプローチを追求していくことが最優先になると、レッスン生などの参加者に多大な利益があっても実験的な方法での評価が不可能という理由で除外されてしまうメソッドがあります。

 

そのアプローチが特定の対象者のみに配慮した性格を持っていたり、効果を誰にでも運用可能なものとして定義したりすることができないという理由によってです。

 

 

聖楽療法は新しい心身医学療法ですが、言い換えれば新しい心身医学を基盤とする音楽療法であるといえます。

そしてすべての音楽療法の実践に適用される最も大きな共通性は、音楽を用いることです。

 

ただし、聖楽療法が他の器楽を用いる音楽療法と異なるのは歌詞としての詩の言葉をも用いるということです。

つまり、新しい心身医学の土壌の上で音楽と言葉を一体的に用いることになります。

 

 

いずれにしても、音楽療法において最も一般的な要素は、私たちが個人として、できるだけ独自であろうとする動機づけを持っているということです。

 

ノードフ・ロビンスは、それぞれのクライエントなりレッスン生が療法や稽古を通じて独自の発達の道を拓いていくために、音楽が独自に用いられているということでした。

セラピーなりレッスンのグループの輪の中で創成されていく共通の力から個々の特性を伸ばしていくことになります。

このプロセスは一つの作品にも言えることであるし、個人の成長にも言えることです。

 

そこで、私たちが、音楽的発展という力を用いて一人一人の個性を自己の成長に向けて整合させていくことが、音楽療法としての一般理論の要素となるのです。

 

 

聖楽療法の理論である臨床聖楽法は、音楽療法の一般理論への基盤として提示するものです。

聖楽療法の指導者の価値観・信念・実践の在り方は、それらによって形成され理論と同等に重要な要素です。

 

音楽療法が存在するすべての国々で、音楽療法サービスを受けるあらゆるタイプの対象者に、あらゆる音楽の提示方法(生演奏、録音、即興、既成曲、受容的・能動的など)で、あらゆるスタイルの音楽を、あらゆるタイプの音楽活動(聴く、奏でる、作曲、録音、演奏)を用いて活動がなされています。

このような多様な応用性を併せ持つという基準を聖楽療法は持っています。

 

 

音楽療法の枠組みとしては、分析的音楽療法、コミュニティ音楽療法、美的音楽療法、分化中心音楽療法、GIM=音楽によるイメージ誘導法、ノードフ・ロビンス音楽療法など幅広いアプローチがありますが、これらのうちの多くは新しい心身医学的アプローチをとっていて、臨床聖楽法に近い本質を例示してくれます。

 

第一部では、聖楽療法の理論の背景としての心身医学について概説し、そのうえで新しい心身医学の考え方を明確にします。

 

第二部は、聖楽療法の拠点としての聖楽院とは何かについて、その起源を述べ、いくつかの心身医学的アプローチをどのように応用して発展してきたかを省察します。

 

第三部は、心身医学の理論に根ざした聖楽院の哲学的な基礎概念を示し、心身医学療法の領域において水氣道の考えが心身医学療法の一般的な理論となりうるかを論じます。

 

第四部では、聖楽療法理論の一般的理論としての側面について、その概略を述べます。

 

 

 

第一部 心身医学療法における聖楽療法理論のコンテクスト(その1)

第1章 理論の性質

 

第2章 心身医学療法における理論

従来の心身医学療法における理論の役割

 

前回は、聖楽療法理論の概念的枠組みということで、聖楽療法は新しい心身医学療法であることについて述べました。聖楽療法は心身医学療法の特別な応用法であり、セラピーのための特別な方法として開発してきたこと、そして、さらにいえば、筆者は、従来の心身医学は、固有の心身医学療法を持たず、治療法としては本質的に心理療法もしくは精神療法に他ならないという問題意識を持っています。

 

そこで、従来の心身医学は聖楽療法の実践を通して体系化される理論によって、新しい固有の心身医学療法を誕生させることができるということを、これから、ゆっくりと説明していくことになります。

 

さて、今回のテーマは
聖楽療法の固有理論の問題です。

固有理論は、輸入理論と衝突しないのか?という課題について考えてみます。

 

 

聖楽療法は心身医学研究の範疇に属すると主張する筆者は、新しい心身医学の考え方により密接な立場を構築しようとしています。

 

この立場で、新しい心身医学というのは、心身医学についての考えを聖楽療法理論の核に据えるという意味を持っています。

そこで聖楽療法の固有理論は必然的に心身医学であるということになります。

この理論が「固有」であるというのは、音楽分野からの輸入理論や専門概念が新しい心身医学療法の固有理論となり得るという立場に起源をもつからです。

 

固有理論を発展させる際に、他の領域からの知識をどのように用いるのが最も有益かを常に意識することが大切です。

しかしながら、聖楽療法における音楽理論は、決して他の領域からの知識、すなわち輸入理論としては扱いません。

 

理論は既存の知識や創造的思考、直観、応用分野に精通していることの結果として生じるものです。

こうした理論というべきものがなければ、自分たちが観察し経験することの重要性を比較衡量したり選別し抽出したりしていくための指針を見失ってしまいます。

そして、理論はデータからでなく推論から導き出されるものであり、理論を前提にしてデータを介錯するものと認識しています。

 

理論的に物事を考える学習なしに固有理論を作り出すことは不可能であり、その最良の方法は、既存の理論を学び、理論を具体的な体験にどのように応用するかを知ることなのです。

 

芸術家が育つプロセスは、理論家を育て、理論を発展させることと本質的には変わりはありません。

芸術家が成長していくためにも、これまでに行われてきたことに習熟する必要があるからです。

 

個人の成長は共同体の発展を反映していきます。

そこで、専門分野としての聖楽療法は、まず他分野からの概念に習熟することが必要であり、そのうえで今後の聖楽療法家たちは、自分たちに固有の理論を発展させていくことができます。

 

まず、輸入された理論を熟知してから固有理論について考えていく方法がとられます。

そして、実践から直接生まれた理論が、研究理論と現場実践を連結させるものとなります。

皆様、音楽と共に日々お変わりなくお過ごしのことと拝察いたしております。

2020年5月31日に杉並区立方南会館にて開催を予定しておりました第2回杉並令和音楽祭は、やむを得ず自粛することに決定いたしましたのでご連絡いたします。

 

3月11日付けの世界保健機関(WHO)のホームページ上で、テドロス事務局長が表明したCOVID-19(新型コロナウイルス)感染症の全世界的流行に対する世界保健機関(WHO)による異例の<パンデミック宣言>を受けて、実行委員長をはじめとする緊急最高会議により、やむなく決定いたしました。

 

開催にむけて、ご協力いただいているアーティストの皆様、すでにご参加を表明され稽古に精励されていらっしゃるレッスン生の皆様には大変申し訳なく存じております。

 

今後の全体稽古および第2回コンサート開催の予定につきましては、当該ホームページにて、各自ご確認くださいますようにお願いいたします。

 

なお、少人数の聖楽院の通常稽古の実施計画については、杉並国際クリニックの公式ホームページにて、他の関連する有益情報と共に主宰が直接お知らせいたしますので、今後もお忘れなく注意してモニターしてくださいますようお願い申し上げます。

 

 

令和2年3月14日
 

杉並国際交流音楽会実行委員会 

役員代表 松田 要
 

 

聖楽院 

主宰 飯嶋 正広