7月11日(土)



統合医療(東洋医学・心身医学) のコラムで緊急報告をすることは、今回が初めてです。そこで、緊急対策:新型コロナウイルス感染予防対策<杉並国際クリニックの秘策>資料がお手元にある皆様は、資料をご参照の上、以下の情報をお読みください。

そのあと、資料全体を再読してご確認いただきたいと思います。

 

すでに、新型コロナ感染による血栓症予防のための「地竜」の活用法については、説明いたしておりますが、この「地竜」を、より早めに使用していただくことになる可能性があります。


私が「地竜」に期待しているのは、その有効成分であるルンブロキナーゼです。

 

ルンブロキナーゼ(lumbrokinase)は、元宮崎医科大学副学長(現宮崎医科大学名誉教授)美原恒が発見したタンパク質分解酵素の名称です。

名称の由来は、ルンブルクスルベルスという食用赤ミミズから抽出された物質であることによるもので、ミミズ酵素、みみず酵素とも呼ばれています。

現在、ルンブロキナーゼ(を含むとされるミミズの乾燥粉末)が健康食品として開発され発売されていて、国内は元より、海外でも関連商品が出回っています。


ミミズは古来より漢方薬として用いられていたため、血栓症の治療に使えるのではないかと考えた美原の研究により、ルンブルクスルベルスの内臓などから線溶活性を持つルンブロキナーゼ群が発見されました。

美原・須見がルンブロキナーゼについて学会報告をしたのは、1989年に東京で開催された国際血栓止血学会が最初です。


ルンブロキナーゼのフィブリン平板法の実験では、治療に使われるウロキナーゼよりもフィブリン溶解活性が強いという結果が示されています。

また、ヒト試験でも、ルンブルクスルベルス自身が持つ線溶酵素が線溶を行う(外因性の線溶活性)ことに加えて、被験者の持つ線溶活性酵素を分泌させる(内因性の線溶活性)ことが実験結果から推測されています。

 

これらのことから、ルンブロキナーゼには抗血栓作用があることが示されました。糖尿病、高血圧症、バージャー病などの患者にこの酵素を服用させた結果、それぞれの患者の病状が改善したという報告があります。

 

これらは、中医学あるいは漢方では、概ね血瘀または瘀血という病態に相当し、「地竜」は駆瘀血剤(瘀血を治す薬)であり、通経絡(「経絡」というエネルギーの流れの滞りを改善する薬)と考えることができます。


私は「地竜」によってCovid-19による脳血栓を予防することは、脳炎の予防や増悪を阻止するうえでも有意義である可能性があると考えています。また、「地竜」に限らず、一般に漢方生薬は抗アレルギー作用を持つものが多いことも強みであると考えています。


その理由については、以下に述べます。

 

 

英国の最新研究から


ウイルス感染によって小児で脳の炎症が引き起こされることがありますが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症患者にも神経系の合併症リスクがあることは知られています。

COVID-19では、軽症の成人においても脳炎の有病率が増加しているようである、と英国の科学者たちは述べています。


英ユニバーシティー・カレッジ・ロンドン(UCL)の医学研究チームは8日、

せん妄や神経系の損傷、脳卒中など命の危険がある合併症は決してまれではなく、当初考えられていたよりも一般的で、軽症の患者にも深刻な問題を引き起こす恐れがあると警鐘を鳴らしました。

 


学術誌「ブレイン(Brain)」に発表された論文によると、

COVID-19と診断された入院患者と感染疑いの患者合わせて43人の神経系の症状を調べたところ、一時的な脳機能障害が10例、脳炎が12例、脳卒中が8例、神経系の損傷が8例見つかった。

 

この調査結果に基づいて、研究者は、臨床医が早期診断を行い、患者の転帰を改善するために、可能性のある神経学的影響を認識する必要があることを指摘しています。

 

本研究の上席著者であるUCLクイーン・スクエア神経学研究所とユニバーシティ・カレッジ・ロンドン病院NHS財団信託のマイケル・ザンディ博士は、次のように述べています。

我々は、脳の炎症などの神経学的疾患を持つ人の数が予想以上に多く、呼吸器症状の重症度とは必ずしも相関がないことを確認しました。」
「我々はCOVID-19に感染した人々の脳の合併症を警戒し、注意を払う必要があります。」

 

研究チームはまた、せん妄や脳卒中、神経損傷などの他の神経生物学的合併症も、この病気に関連していることを発見した。研究チームによると、研究対象となった43人の患者のうち、呼吸器症状が出なかった患者も含まれていました
 

脳炎が確認された患者のほとんどは、急性散在性脳脊髄炎(ADEM)と診断されました。

そして、神経系の症状がみられた患者はいずれも、脳脊髄液から新型コロナウイルスは検出されず、ウイルスが脳を直接攻撃していないことが示唆されます。

 

そこで研究チームは「COVID-19の神経学的合併症のいくつかは、ウイルス自体ではなく、免疫反応から来るかもしれないことを示唆している」病気に対する免疫反応によって引き起こされた脳の炎症の証拠を発見したとの見解を付け加えました。
 

Covid-19は中国語では「新型冠状病毒素肺炎」と表記されますが、肺炎ばかりでなく脳炎を警戒する必要があることが明らかになってきました。

とりわけ、急性散在性脳脊髄炎という中枢神経系を散在性に急性かつ単相性に侵す炎症性脱髄性疾患は、麻疹、風疹、水痘などの主としてウイルス性感染症の発症に続いて起ことが以前より知られていました。

Covid-19の原因ウイルスであるSARS-V2も例外ではなかったということです。
 

この急性散在性脳脊髄炎は、また遅延型アレルギーの機序によって発症し、病理学的には中枢神経白質の静脈周囲の小脱髄巣と細胞浸潤がみられます。

発症は急性で、発熱、頭痛、嘔吐に始まり、項部硬直、せん妄、嗜眠状態、痙攣、麻痺(肩麻痺、四肢麻痺)、膀胱・直腸障害を来します。

これまででは水痘、麻疹、上気道感染後(3~7日)に発症することが多く、症状は数日で極期となり、一般的には数週間から2カ月で改善するとされてきました。

ステロイドパルス療法、血漿交換療法、大量免疫グロブリン療法などによって通常1~6カ月で回復し70~90%が予後良好とされています。


しかし、SARS-V2によるCovid-19では急性出血性白質脳炎といって、劇症型で発熱・髄膜刺激徴候が強く神経学的徴候も強いタイプである可能性もあります。

その場合、壊死性血管炎、高度の浮腫などがみられるため、意識障害、けいれん、四肢麻痺が出現し急速に進行するため、死亡率が高いことが予測されます。
 

そこで、当クリニック御通院中の皆様にとっては、すでにご周知のこととは存じますが、セルフメディケーション漢方セットを、予防の段階から、ガイダンス解説書を参考に、最大限に有効にご活用願えたらと存じます。

<はじめに>

 

 

前回は「膝痛」に効果のあるツボを紹介しました。

 

 

「委中」は膝の後ろの真ん中にあり、

 

 

「陽陵泉」膝の外側のやや下方で飛び出している骨を見つけそこから指1本下にあり、

 

 

「陰陵泉」スネの内側の骨を下からなぞって指が止まるところにあり、

 

 

「足の三里」は膝のお皿の下の外側にあるくぼみから指4本下にあるというお話でした。

 

 

今回は「ふくらはぎの張り」に効果のあるツボを紹介しましょう。

 

 

 

<ふくらはぎの張りに効果のあるツボ>

2020-04-16 15-17

スクリーンショット 2020-04-16 15.39.40

2020-04-16 15-49

 

 

「湧泉(ゆうせん)」土踏まずの前の方の中央で足の指を曲げたときに最もへこむところです。

 

 

「承山(しょうざん)」アキレス腱を下からなぞって指が止まるところにあります

 

 

「陰陵泉(いんりょうせん)」スネの内側の骨を下からなぞって指が止まるところにあります。

 

 

 

杉並国際クリニック 統合医療部 漢方鍼灸医学科 鍼灸師 坂本光昭

<線維筋痛症 JFIQの経過報告>

 (図1)

スクリーンショット 2020-07-01 13.17.00

JFIQは線維筋痛症の経過観察に欠かせない指標です。

 

 

最高点が100点で、20点未満が正常値になります。

 

 

 (図1)は左側が初期時の点数、右側が現在の点数でその2点を結んだものです。

 

 

 図2)

スクリーンショット 2020-07-01 13.15.09

 

(図2)は線維筋痛症の治療効果の割合を表したものです。

 

 

 50以上点数が下がると「著効」です。

 

 

 20以上50未満点数が下がると「改善」です。

 

 

 20未満の点数の低下は「無効」の判定となります。

 

 

 

 

<今回の考察>

 

 

正規性の検定で初期値、現在値共に正規性がありました。

 

 

その後、関連2群の検定と推定を行いました。

 

 

1)統計的にみて、JFIQスコアが有意に改善したことが証明されました。P(危険率)=0.001%でした(図1)

 

 

pが0.05以下であれば統計学的優位である。

 

 

pが0.01以下であれば統計学的に極めて優位である。

 

 

2)JFIQスコアの判定基準として、20点以上改善されると治療が有効、50点以上改善されると著効となります。

 

 

  今回、 10名の平均で    38点改善していたため、全体として鍼治療は  有効であったと言えます。

 

 

個別でみると、著効2名(20%)、有効5名(50%)、無効3名(30%)でした。(図2)

 

 

 

杉並国際クリニック 統合医療部 漢方鍼灸医学科 鍼灸師 坂本光昭

2020年07月01日(水) 00:00 公開 AFPBB News 医療

 

【翻訳編集】 AFPBB News

 

杉並国際クリニック、飯嶋正広 加筆改編

 

_________________________


【AFP=時事】

数多くの薬剤の試験が実施され、ワクチン候補は100を超える──。現在も多くの臨床試験が続く中、この記事では新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療薬や予防法に向けた主要な研究開発の概要を報告する。

 


■治療薬:失敗を重ねた末の希望

・デキサメタゾン

死亡率を低減

安価で広く入手可能なステロイド薬のデキサメタゾンは通常、アレルギー反応や関節リウマチ、ぜんそくなどの治療に用いられる。
 

COVID-19の治療薬を研究しているチームは今月、デキサメタゾンの投与で症状の極めて重い患者の死亡数が通常の治療に比べて約3分の1減少したと発表した。
 

だが、特効薬というわけではない。研究者らはデキサメタゾンが人工呼吸器を装着した患者の8人に1人の命を救う可能性があると考えている一方、それほど重症でない患者には臨床的有益性がほとんどないことが明らかになっている。

 

コメント:

当クリニックにて、「デキサメサゾン」を処方する可能性は、ほとんど想定できません。

 


・レムデシビル

恩恵はわずか
 

抗ウイルス薬のレムデシビルがCOVID-19患者の入院期間を短縮させる可能性があることが、米国で実施された少なくとも2件の大規模研究で明らかになっている。
 

5月に米医学誌「ニューイングランド医学ジャーナル(New England Journal of Medicine)」で発表された研究によると、本来はエボラ出血熱の治療薬として開発されたレムデシビルではあるが、患者の回復をプラセボ(偽薬)投与時よりも早めることができたという。
 

これらの研究結果は注目に値するものの、薬剤の効果は驚異的というわけではないようだ。平均すると、レムデシビルによって患者の入院期間が15日から11日に短縮した。
 

しかし、英医学誌ランセット(The Lancet)に発表された1件の研究は、レムデシビルを用いた新型コロナウイルス患者の治療では、「はっきりとした臨床的有益性」が確認できなかったと記している。

 

コメント:

当クリニックにて、「レムデシビル」を処方する可能性は
ほとんど想定できません。

 

・ヒドロキシクロロキン

結果はまちまち
 

数十年前に開発された抗マラリア薬ヒドロキシクロロキンは、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領が奇跡のCOVID-19予防薬として大いに称賛したが、実際に治療薬として作用することの科学的な証拠はほとんどない。
 

英国の研究グループ「リカバリー(RECOVERY)」は今月、ヒドロキシクロロキンがCOVID-19患者の助けにはならないとの結論を下した。
 

また、ヒドロキシクロロキンが効果を示さないばかりか、死亡リスクを高めると主張する研究論文がランセット誌に掲載された。この結果を受けて複数の臨床試験が一時的に中断されたが、データに関する問題が原因で論文は撤回された。

 一方、世界保健機関(WHO)は、ヒドロキシクロロキンに予防措置としてある程度の価値があることが現在進行中の臨床試験で示される可能性があるとの認識を示している。

 

コメント:

当クリニックにて、「ヒドロキシクロロキン」は処方できません。

 

 

・その他の治療薬

このほかにも、別の目的で開発された複数の薬剤が新型コロナウイルス感染症の治療薬として有用かを調べるための試験が行われている。ランセット誌によると、これまでに数十の薬品治療に関する臨床試験が1000件以上実施されているという。
 

中でも最も有望視されているのが、抗レトロウイルス薬のロピナビルリトナビル、抗精神病薬のクロルプロマジン、免疫抑制薬のトシリズマブなどだ。
 

回復した患者から採取した血漿(けっしょう)に関する臨床試験でも、ある程度の可能性が示されている。

 

コメント:

抗レトロウイルス薬のロピナビルとリトナビル(ノービア®)はいずれもHIV感染症すなわちエイズの治療薬です。国内ではロビナピル単独の製剤はないようですが、ロピナビルとリトナビルの配合剤であるカレトラ®があります。

多岐にわたる禁忌例があり、外来で容易に処方すべき薬剤ではありません。

 

■ワクチン:

時間との闘い

 

・開発中のワクチンはいくつあるか


6月16日時点では、WHOが確認しているだけで11件のCOVID-19ワクチン臨床試験が世界各地で個別に進められている。臨床試験の半数以上は中国で実施されている。
 

全世界では、開発中のワクチン候補は大半が第1相臨床試験の段階にある。第1相試験は3段階の臨床試験の最初の段階で、安全性の検査を目的とする。第2相臨床試験に進んでいるワクチン候補は数種のみで、第2相試験では第3相試験とともに有効性が調べられる。
 

結果については、これまでのところ一部しか公表されていないが、中には「有望」とされているものもある。
 

現在、最も進んでいるのは、英オックスフォード大学(University of Oxford)が英製薬大手アストラゼネカ(AstraZeneca)と共同で主導する欧州の開発計画だ。
 

中国でも、軍事医学研究院(Academy of Military Medical Sciences)とバイオ企業の康希諾生物(CanSino Biologics)が参加するワクチン開発計画が順調に進行している。
 

WHOは臨床試験がすでに進行中のワクチンの他に、まだ開発の前臨床段階にある128のワクチン候補をリストアップしている。
 

WHOとは別に、英ロンドン大学衛生熱帯医学大学院(London School of Hygiene and Tropical Medicine)も、現在進行中の全てのワクチン開発計画のカタログ化に取り組んでいる。ここでは190以上のワクチン候補がリストされており、うち17が臨床試験段階に進んでいるとされている。

 

・いつ入手可能になるか

欧州医薬品庁(EMA)は5月中旬、新型コロナウイルスのワクチンについて「楽観的なシナリオ」では1年以内に準備が整う可能性があるとの見方を示した。
 

米政府が進めるワクチン開発計画「ワープスピード作戦(OWS)」は、米国の人口にほぼ匹敵する3億2000万回分のワクチンを2021年1月までに調達することを目指している。
 

中国では、大手国有企業の中国医薬集団総公司(Sinopharm)が現在、2種類のワクチン候補の開発を進めており、2020年末から2021年初めにかけて市場に投入される可能性がある。
 

欧州でも、2020年末までに有効なワクチンの提供を目標とする複数の開発計画が進行中だが、生産と発売にはそこからさらに数週間から数か月を要することが考えられるという。

 

コメント:

以上より、今年度中にワクチンの恩恵を受けることはほぼ不可能であると認識しておくことが賢明だと思われます。

<はじめに>

 

 

前回は「膝下のむくみ」に効果のあるツボを紹介しました。

 

 

「湧泉」土踏まずの前の方の中央で足の指を曲げたときに最もへこむところにあり、

 

 

「足の三里」は膝のお皿の下の外側にあるくぼみから指4本下にありるというお話でした。

 

 

今回は「膝痛」に効果のあるツボを紹介しましょう。

 

 

 

<膝痛に効果のあるツボ>

 

2020-02-19 16-20

スクリーンショット 2020-04-16 15.24.07

2020-04-16 15-30

 

 

 

 

「委中(いちゅう)」は膝の後ろの真ん中にあります。

 

 

「陽陵泉(ようりょうせん)」膝の外側のやや下方で飛び出している骨を見つけそこから指1本下にあります

 

 

「陰陵泉(いんりょうせん)」スネの内側の骨を下からなぞって指が止まるところにあります。

 

 

「足の三里(あしのさんり)」は膝のお皿の下の外側にあるくぼみから指4本下にあります。

 

 

 

杉並国際クリニック 統合医療部 漢方鍼灸医学科 鍼灸師 坂本光昭

6月24日(水)
水氣道

 

前回はこちら


水氣道の定例稽古会場の再開および再建計画

 

水氣道稽古再開計画は概ね順調に進んでいます。
9日、12日の中野支部(鷺宮会場)定員5名に続き、13日の新宿支部(ハイジア会場)定員10名中9名の予約参加による稽古を実施しました。

 

また、再開第二週目の16日、19日の中野支部(鷺宮会場)定員5名も予定通り、20日の新宿支部(ハイジア会場)定員19名の予定のうち16名の予約参加による稽古を実施しました。

 

さらに、すでに再開第三週目に入りましたが、23日、26日の中野支部(鷺宮会場)定員5名も予約が確定し、27日の20日の新宿支部(ハイジア会場)は全面貸し切りで定員20名で実施する予定です。

 

6月中は支援員⇒修錬生⇒訓練生までの参加を拡大しています。訓練生も特別訓練生(准3級)⇒高等訓練生(4級)⇒中等訓練生(5級)⇒初等訓練生(6級)と次々に復帰し、復帰調整として、親水航法を中心に行なっています。

 

稽古は1時間以内として、新規再開者は専用の班で稽古をはじめていただいております。

 

この間、稽古指導体制が順調に再稼働し、7月3日以降は、体験生を含め、すべての階級の皆様の参加が可能となる見込みです。ただし、今後の稽古は、定員を設定し、すべて事前登録制となりますので、早めのお問合せを御願い致します。
 

<はじめに>

 

 

前回は「手足の冷え」に効果のあるツボを紹介しました。

 

 

「少沢」は小指爪の生え際にあり、

 

 

「少商」は親指の爪の付け根の外側にあり、

 

 

「労宮」は手の平の中央にあり、

 

 

「衝陽」足の甲の人差指と中指のあいだをすべらせて一番高いところにあるというお話でした。

 

 

 

今回は「膝下のむくみ」に効果のあるツボを紹介します。

 

 

 

<膝下のむくみに効果のあるツボ>

2020-04-16 15-17

2020-02-19 16-20

 

 

「湧泉(ゆうせん)」土踏まずの前の方の中央で足の指を曲げたときに最もへこむところです。

 

 

「足の三里(あしのさんり)」は膝のお皿の下の外側にあるくぼみから指4本下にあります。

 

 

 

杉並国際クリニック 統合医療部 漢方鍼灸医学科 鍼灸師 坂本光昭

鷺ノ宮体育館温水プール(第5レーン使用)

 

参加者:支援員1名、修錬生2名、訓練生2名

 

指導トレーナー:水氣道正弐段下 林亮博

 

修錬生インストラクター:水氣道2級 細谷健太、同、坂本光昭

 

報告担当ファシリテーター:水氣道5級(中等訓練生)植田栄喜

 

受付:主当番:支援員トレーナー:林亮博

 

 

稽古内容

1) 親水航法

 

2) 準備体操(イキイキ体操)

広がって、各8カウントの短縮版

 

3) 基本五航法(起のみ):一列縦列行進方式

指導トレーナー1名、修練生1名を頭尾位に配置

 

4) 各種航法:名宣り稽古方式
理気航法、調血航法、活水航法、経絡航法、九品仏航法

 

 

【まとめ】

 

稽古プログラムの流れは、水氣道の原則にしたがって実施

各種航法では、訓練生の名宣り「脇伝」の稽古を実施

活水航法は7枚目、経絡航法は6枚目まで実施

整理体操(のびのび体操)は行わなかった

 

・久しぶりの稽古だったので細かい部分を少し忘れていたので思い出しながらやれた

・水温はいつもより低く感じたが気温が高かったからか、身体が冷える事はなかった

・最後の10分は他の利用者がいなかった為、水面が穏やかでやりやすかった