発熱がある方の診察はお断りしていますが、念のため

 

感染防止を目的として、下記時間帯の人数を制限いたします。

 

ご来院いただいても診察ができない可能性がございますので、

 

できるだけ、下記時間帯をさけてご来院ください。

 

月・火:午前11時~11時30分

木・金:午後6時 ~ 6時30分

本日、認定痛風医の証書が本日早めに届きました。

oznorHB

 

そこで、あらためてこれまでの診療歴を振り返ってみると、高円寺南診療所(現、杉並国際クリニック)は痛風協力医療機関として

 

平成10年9月30日付けで認定されていました。

 

およそ20年余りの痛風協力医療機関として診療経験を重ねてきたことになります。

 

この間、痛風関連の医学は大きく変化してきました。

 

2018年12月に8年ぶりの改訂となる「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン 第3版」が出され、去年(2019年6月)にはそのダイジェスト・ポケット版が刊行されました。

 

最近の研究では、尿酸値が基準値を超える「高尿酸血症」を放置すると、痛風だけでなく、メタボリックシンドローム(肥満・高血圧・高血糖・脂質異常症)や尿路結石、腎障害、脳・心血管障害の危険因子となる可能性も指摘されています。

 

ですから、痛風認定医は、代謝疾患としての痛風だけを診ていればよいのではなく、循環器系、脳神経系をはじめ腎臓・泌尿器系、整形外科系などの総合的な診療がますます必要となってきます。

 

杉並国際クリニックとしては、上記の各疾患ごとの個人シートをデザインして、実際に使用しているので、すでにこうした変化にお気づきの方も多いものと思います。

 

また、痛風や高尿酸血症は精神的なストレスによって増悪することは知られていますが、私自身が心療内科指導医であるにもかかわらず、この方面の研究に関与できなかったことを大いに反省しております。

 

証書が少し早めに届いたというのは、正式な認定開始が令和2年4月1日からだからです。

 

認定痛風医の認定番号は0066です。

 

これは国内で66番目の痛風認定医ということです。

 

現在、都内痛風認定医の数は13名なので、

 

4月1日には都内で14番目の痛風認定医になる予定です。

 

 

痛風患者数は2016年の国民生活基礎調査を元に算出すると110万人。

 

高尿酸血症の患者「尿酸値が高めだけれども症状が出ない人」はその十倍以上、少なくとも1,000万人以上と推定できます。

 

今後、中高年の人口が増え続ける間は、患者の増加傾向がしばらく続くことが想定されています。

 

糖尿病が予備群合わせて2,000万人に対して糖尿病専門医 4,555 名(平成24年)ですから、痛風診療のエキスパートも2000人以上は必要となるはずです。

 

14人の痛風診療エキスパートだけで都内のすべての痛風患者を診療することは不可能です。

そこで私の役割とそしては、数少ない開業医の立場のエキスパートとして、これまでの診療スタイルを堅持しつつ、将来に向けての痛風診療実践システムのモデルを構築していきたいと考えております。

 

なお運動療法として水氣道®による高尿酸血症・痛風の治療には長年の実績があります。

 

また、4月中旬には、食事療法のテキストとして

 

「わかりやすい臨床栄養学第6版(三共出版)」が刊行される予定です。

 4月中に改めてご紹介いたします。

 

 令和2年3月26日

 

 

名古屋の医師、平田國夫先生からのメッセージが届きました。

 

そのまま掲載いたします。

 

ドイツのメルケル首相をはじめ、世界中のリーダーが結束と連帯を呼び掛けています。

バチカンのフランシスコ教皇様は国境を越えて蔓延するパンデミック・ウイルス感染症に対して、国境はもとより民族や宗教の壁を越え、世界中で一致して祈ることを呼び掛けております。

 

是非、お読みください。

 

 

名古屋の平田國夫です。

先生方は既にご存知かと思われますが、念のためにメールさせていただきました。

日本時間今夜8時に全世界で心を合わせて主の祈りを捧げましょう、という教皇様からのメッセージが発せられております。

急なことですので出来るだけ多くの方々へお伝えした方が良いのでは思われます。

新型コロナウイルス感染症の終息を主にお願いする意向でお祈り致しましょう。

イタリアでは死者が昨日の段階で6千人を超えています。

多くの医療関係者も亡くなられておりますが、それ以上に司祭が既に28人亡くなられています。

何十人もの終油の秘跡を危険を顧みず行われた為で殉教者とも言えるのではないでしょうか。

 

教皇フランシスコ、全世界で「主の祈り」の呼びかけ

 

シャープの「プラズマクラスター イオン発生機」を診察室に設置いたしました。

1

 

シャープは、プラズマクラスターイオンに以下の効果があるとしています。

布に染み込ませたタバコの臭いを脱臭

浮遊しているダニの糞や死骸等のタンパク質を切断して除去、

アレルゲンの作用を低減

空気中のウイルスを除去し、浮遊ウイルスの作用を抑える

細菌の細胞膜のタンパク質を断片化して不活化浮遊しているカビの細胞膜のタンパク質を切断して分解

除去イオン濃度25000個/cm2の場合、肌の水分量の増加

 

 

トイレのライトを「シャープのプラズマクラスター イオン発生機」に変更いたしました。

 

シャープは、プラズマクラスターイオンに以下の効果があるとしています。

 

布に染み込ませたタバコの臭いを脱臭

 

浮遊しているダニの糞や死骸等のタンパク質を切断して除去、

 

アレルゲンの作用を低減

 

空気中のウイルスを除去し、浮遊ウイルスの作用を抑える

 

細菌の細胞膜のタンパク質を断片化して不活化浮遊しているカビの細胞膜のタンパク質を切断して分解

 

除去イオン濃度25000個/cm2の場合、肌の水分量の増加

 

天井に取付けたプラズマクラスターです

IMG_20200228_150340

 

ライト一体型です。

人感センサー付で、人が居ると風が弱く、無人の時は強くなる働き物です。

 

引き続き新型コロナウィルス対策を続けてまいります。

この時期、新型コロナウイルスに対する国策が急展開したことを受け、内外の多くの皆様から当クリニックの対応についてお問合せがありました。

 

また、本日の新聞でとてもショッキングな事例を知りました。

 

<東京新聞2月28日朝刊より>


新型肺炎 検査態勢改善求める声 都担当課「できる数が少ない」窓口の保健所「都、判断厳しい」

 

そこで、杉並国際クリニックとしては、どのような対応が可能かを再検討することにしました。情報収集のために、当院事務次長の野口将成が「新型コロナウイルスの感染が強く疑われる場合の杉並区の対応」を確認することにしました。

 

本日(2月28日)午後1時に、杉並保健所へ電話で確認したところ担当保健師の大泉様(女性)より、以下の回答をいただきましたのでご報告いたします。

 

『医療機関から連絡があった場合、保健所より当人に直接、コロナウイルス感染症の専門外来を行っている医療機関を紹介して調整する。紹介された専門外来の医療機関を受診後に検査基準に達していれば検査を行う。発見した医療機関の紹介状は特に必要ない。』

 

詳細は不明ですが、このご回答によると、発見した医療機関とは、外来診療で新型コロナウイルスの感染が強く疑われるような患者さんを受け入れている医療機関ということになります。

 

そのような患者を発見した医療機関から連絡があった場合には、紹介状は不要なうえ、保健所より当人に直接、新型コロナウイルス感染症の専門医療機関を紹介してくださるようです。

 

ただし、紹介先の医療機関を受診しても検査基準に達していなければ検査は受けられないということになります。

 

ここで問題になるのは、新型コロナウイルス感染の検査が受けられるかどうかは、一定の検査基準に達していることが前提である、ということです。

 

これがどのような基準であるのかは、おおよその検討はつきますが、国や自治体あるいは医療現場との調整や相次ぐ緒方針の転換などにより、必ずしも明確に確定されていない可能性があります。

 

つまり、軽症の患者さんは、コロナウイルス感染の可能性があっても検査を受けることができない可能性が高いことを示唆します。

 

また、すでに報告されているように、コロナウイルス感染症は、無症状であっても感染していれば、ウイルス感染症の症状が発現している患者と同程度のウイルスを放出しています。

 

残念ながら、このような対応では、コロナウイルス感染の検査を受けられず未診断のままの感染者が増え続け、コロナウイルスの拡散は防げるどころか、感染を拡大してしまうリスクが高まるだけであることが懸念されます。

 

 

杉並国際クリニックの対応方針

上記の情報をもとに検討いたしましたところ、杉並国際クリニックでは、残念ながら、コロナウイルス感染症の診断が可能な体制が整備できていません。

 

また今後もその見込みも立ちません。

したがいまして、当クリニックは、コロナウイルス感染症の可能性のある方に対する初期対応を実施することは適切ではありません。

 

当クリニックの最大の責務は、現在、当院に継続通院加療中の患者の皆様や当方の職員が当院内でコロナウイルス感染症に罹患しないように最大限の予防策を取ることによって、社会全体に感染者を蔓延させないような工夫と努力をすることに専念すべきであると考えます。

 

当クリニックは令和元年6月以降、初診受付の予約制を導入いたしておりますが、引き続きこの体制をしっかりと堅持しつつ、上記の目的を達成してまいりたいと存じます。

 

ご理解とご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

 

杉並国際クリニック 院長 飯嶋正広

当院では令和元年6月より、初診予約制に移行後、通院中の皆様が安心していただけるように、初診で感染症の疑いがある方の外来を中止しております。

 

また、玄関にアルコール噴霧機を設置し、トイレの手洗い石鹸を非接触型に取り換えました。

 

写真は玄関に設置した、アルコール手指消毒機です。

teyubi

 

感染のリスクを下げるよう引き続き対策を行ってまいります。

 

 

当院は令和の新時代の幕開けと共に、これまでの30年に及ぶ一般診療所としての役割を総括し、専門医療機関としての機能を強化する目的で新たに再出発することとなりました。その責任と使命を果たすため、継続的かつ計画的な医学管理を必要とする皆様(当クリニック会員:杉並国際クリニック健康会員)を優先的に診療することになりました。

 

杉並国際クリニック健康会員とは、当院の患者役員会の提案を受け、「初診の日より起算して1年以上、定期的に受診されている方」と規定させていただいております。

 

そこで、大変恐れいりますが、

初診または慢性疾患で2ヵ月以上受診中断の方は事前予約制

とさせていただいております。

 

なお、再診以降、定期継続受診期間中は、予約の必要はございませんので、どうぞご安心くださいますようお願い申しあげます。

 

 

〇予約メールにてお願いします。

 

〇予約当日の診察は受けられません。

 

〇予約の際、大学病院をはじめ、他の医療機関からの紹介状(診療情報提供書)をお持ちの方は予めお申し出ください。

 紹介状(診療情報提供書)をお持ちの方の予約優先枠を設けております。

 

予約メールはこちら

 

 

令和元年6月1日   

 

杉並国際クリニック 院長 医学博士 飯嶋正広