聖楽院(聖なるクラシック・コンサートのための楽院)よくある質問

Q1. あなたたちの主宰する聖楽院週例コンサートは、どんなジャンルのコンサートですか?

 

 

A1. 私たちの聖楽院週例コンサートは、主に、西洋古楽とクラシック音楽です。

 

声楽、ピアノを中心に、フルート、クラリネット、サクソフォンなどの管楽器、バイオリン、チェロなどの弦楽器の奏者が活躍しています。

 

 

 

Q2. 週例コンサートとのことですが、毎週演奏会が開かれているのですか?

 

 

A2.はい。毎週水曜日の午後6時半開場、7時開演です。

 

国民の祝日、年末年始などを除き、年間50回開催しています。

 

 

 

Q3. コンサートの会場はどこですか?

 

 

A3. コンサート会場は、地下鉄丸ノ内線「東高円寺駅」3番出口から徒歩2分のミュージック・バー「音海」です。

 

住所:〒166-0003 杉並区高円寺南1-23-7 堤ビル一階

 

℡:090-6138-6176

 

 

 

Q4. コンサートプログラムは予め確認することができますか?

 

また、チケット等の入手のシステムについても教えてください。

 

 

A4. コンサートプログラムは専用ホームページで確認できます。

 

原則として、開催の前月には、プログラムを準備いたしております。

 

60分プログラムと90分プログラムの2種類があります。

 

60分プログラムの音楽チャージは1,000円、

 

90分プログラムの音楽チャージは1,500円です。

 

チケットは発行しておりませんので、電話予約していただくのが確実ですが、

 

これまでのところ当日、直接ご来場いただいていることが多いです。

 

 

 

Q5. コンサートは週ごとにプログラムの内容が異なるのですか?

 

 

A5. 毎週新しいプログラムです。

 

ただし、週ごとに決まった先任ピアニストが担当しています。

 

第1水曜日は、鈴木美穂(日本歌曲、近代イタリア歌曲)

 

第2水曜日は、

 

第3水曜日は、佐々木理之(フランス歌曲、オペラアリア)

 

第4水曜日は、吉田奈津子(イタリア古典歌曲、オペラアリア)

 

第5水曜日は、特別企画

 

 

 

Q6. 聖楽院という名称の由来を教えてください。

 

 

A6. 聖楽院の意味は、聖楽のための楽院です。

 

聖楽とは、一般にはキリスト教の宗教音楽と理解されることが多いですが、私たちの聖楽もこれと無関係ではありません。

 

その理由は、主として西洋の古典音楽をテーマとしているからです。

 

ただし、私たちは、芸術歌曲を含め、オペレッタ、歌劇のアリアを含めて聖楽と捉えています。

 

聖楽院とは、聖楽のための楽院、つまり、学校という意味ですが、

 

一般的な学校というより、現時点では、身近な音楽コミュニティといったところです。

 

観客の前で演奏をすることと、そのための稽古の場です。

 

 

 

Q7.聖楽院の協力アーティストになるには、どのようにしたらよいのですか?

 

 

A7. まず、聖楽院週例コンサートを聴きにいらしていただきます。

 

そのうえで、ご希望であれば、音楽歴をご提出いただき、試演会(オーディション)にご参加いただきます。

 

ご出演いただく試演会は、通常の聖楽院週例コンサートのプログラムの一部を構成します。

 

その場合のプログラムは概ね90分プログラムになります。

 

オーディションの結果、合格された方は、聖楽院協力アーティストに登録していただきます。

 

 

 

Q8. 聖楽院では公開レッスンが行われているとのことですが、聖楽院のレッスン生になるにはどうしたらよいのですか?

 

 

A8. 聖楽院には1)声楽演奏科、2)器楽演奏科、3)朗誦(ろうしょう)表現科の3つの科があります。

 

公開レッスンは、すべて予約制です。初回は、見学生(無料)としてご出席いただき、

 

模擬レッスンの後、入門、初級Ⅰ、初級Ⅱなど適切なコースをご紹介いたします。

 

講師は、聖楽院協力アーティストが担当します。

 

 

 

 

 

Qs & Regarding ‘Seigakuin’,

 

the Institute for the Sacred Classical Music Concert.

 

 

Q1.  I am interested in your ‘Seigakuin’ concert. Which genre is it?

 

 

A1. Our concerts focus on early Western music and classical music.

 

  Various kinds of musicians are actively participating in the concerts, with vocals and the piano.

 

As for wind instruments, there will be flutes, clarinets and saxophones as well as violins and cellos for string instruments.

 

 

Q2  How often are your concerts held?

 

A2. Our concerts are officially called ‘Seigakuin’ weekly concerts, as written on the top of the program.

 

They are held every Wednesday;

 

the venue opens from 6:30pm

 

and the concert starts from 7:00pm.

 

We perform every Wednesday, with 50 concerts per year, except for national holidays, Christmas and New Year’s holidays.

 

 

Q3 . Where are the concerts held?

 

A3.  They are held at a music bar called"Onkai", 2 minutes’ walk from the 3rd exit at "Higashikoenji station" on the Marunouchi subway line

 

Address: 166-0003, 1-23-7, Koenji-minami, Suginami-ku, the first floor of Tsutsumi Building.  

 

Telephone: 090-6138-6176 (Mr. M. Katano)

 

 

 

Q4. Is it possible to check the concert program beforehand? How can I buy a ticket?

 

A4. The concert program can be confirmed on our Web site. The program is prepared a month prior to the event.  

 

There are 2 kinds of programs:

 

A 60 minute program and a 90 minute program.

 

 The entrance fee for the 60 minute program is 1,000 yen.

 

 The entrance fee for the 90 minute program is 1,500 yen.

 

 Tickets are not issued, so please reserve by telephone to be sure.

 

Basically, guests pay at the cashier after the concert.

 

 

Q5.  Is the program different every week?

 

A5. We provide new programs every week.

 

The senior member (the pianist) takes charge each week.

 

On the 1st Wednesday, Miho Suzuki (Japanese songs and modern Italian songs).

 

On the 2nd Wednesday,

 

On the 3rd Wednesday, Noriyuki Sasaki (French songs and related opera arias).

 

On the 4th Wednesday, Natsuko Yoshida (Italian classical songs and related opera aria).

 

On the 5th Wednesday, Special Programs.

 

 

Q6. Please tell me the history of the name ‘Seigakuin’.

 

A6. ‘Seigakuin’ is an institute for sacred classical music concerts.

 

As it is generally understood that sacred music is related to Christian culture, our music and performances are also related to this to some extent, because Western classical music is more or less related to it.

 

‘Seigaku-in’ literally means an academy (-in, or gakuin) for the Sacred Classical Music (seigaku). But, our take on ‘Seigaku’ includes not only classical music but also art songs in general.

 

     It means a school, but at the present time, we have to define it as more of a musical community rather than as a regular music school. It is also implies a music salon for the audience as well as a place for rehearsals.

 

 

Q7.How can I become a member of ‘Seigakuin’?

 

A7. Firstly you would be expected to come hear one of the ‘Seigakuin’ weekly concerts held on a Wednesday evening. If you would like to perform, you can submit a document with your personal history and musical activities and achievements, and participate in a test concert (audition). At the test concert, your musical performance should be around 15 minutes, prepared as part of a special 90 minute ‘Seigakuin’ weekly concert. Musicians whose test concert is deemed a success will be registered as ‘Seigakuin’ certified artists.

 

 

Q8. I heard that ‘Seigakuin’ offers open lessons, but how can I become a student at Seigakuin?

 

A8. ‘Seigakuin’ consists of 3 departments,

 

1) Vocal performance,

 

2) Instrumental music performance,

 

3) Recitation expression.

 

   Lessons in all 3 departments are offered using a reservation system.

 

You'll be allowed to attend the first time as a visitor for free, and if you expect to sit for the trial lesson, you can be a candidate student. Following a level check, you will be classified and enrolled in an introductory course, a beginner's course Ⅰ, or a beginner's course II, for example. A Seigakuin member will take charge of the lecturers and practical lessons for you.